GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. ニュース >
  3. プレスリリース >
  4. 次世代光ネットワーク向け400GトランシーバのソリューションをECOC 2018で紹介

次世代光ネットワーク向け400GトランシーバのソリューションをECOC 2018で紹介

2018年9月21日

~400G FR4トランシーバのライブ デモンストレーションを実施~

当社は、来る9月24日から26日まで、イタリア、ローマで開催されるECOC(注1) 2018展示会の当社ブース(#703)において、次世代光ネットワーク向け400Gトランシーバのソリューションを紹介します。

データセンター用途としては、現在製品化の最終段階にある100G/lambda MSA (注2) に準拠した400G FR4トランシーバ [QSFP56-DD(注3)およびOSFP(注4)フォームファクタ] のライブ デモンストレーションを実施し、4 x 100G/λでの400G PAM4光出力波形などを紹介し、その実現性を示します。

さらに、データセンター間接続用途としては、OIF(注5) 400ZRプロジェクトへ対応した400G DCO(注6)トランシーバ、およびメトロ伝送の用途としては、400G CFP2 (注7) DCOトランシーバを紹介します。

400G OSFP FR4
<400G OSFP FR4トランシーバ>

400G QSFP56-DD FR4
<400G QSFP56-DD FR4トランシーバ>

当社は、従来から光ネットワーク市場へ向けて、最先端の光コンポーネント製品を世界に先駆けて製品化し、光ネットワーク市場をリードしてきました。近年では、高帯域化のニーズに応えるため、高帯域コヒーレント トランシーバの送信部に用いられる64Gbaud LN変調器、受信部に用いられる64Gbaud集積コヒーレント レシーバなどの高帯域光コンポーネント製品を世界に先駆けて製品化しています。

今回グローバル ネットワーク サービス プロバイダーやデータセンター オペレーターなどの更なる大容量化へのニーズへ応えるため、近距離、都市内、データセンター間接続などの用途へ対応した400Gトランシーバ のポートフォリオを紹介し、今後も当社がそれぞれの用途に合った最適な400Gトランシーバのソリューションを提供できること示します。

関連ホームページ

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

(注1)ECOC: European Conference on Optical Communication

(注2)OSFP: Octal Small Form Factor Pluggable

(注3)QSFP56-DD: Quad Small Form Factor Pluggable 56 Double Density

(注4)MSA: Multi Source Agreement

(注5)DCO: Digital Coherent Optics

(注6)OIF: Optical Internetworking Forum

(注7)CFP2: C Form Factor Pluggable

お問い合わせ先

富士通オプティカルコンポーネンツ株式会社 
マーケティング部
icon-telephone 電話:044-754-3135(直通)
icon-mail E-mail:foc-contact-pr@dl.jp.fujitsu.com

日付: 2018年9月21日