GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通マーケティング

English

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. 経済産業省のIT導入支援事業者に採択

PRESS RELEASE

2018年5月16日
株式会社富士通マーケティング

経済産業省のIT導入支援事業者に採択

「平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業」の代理申請受付開始

 株式会社富士通マーケティング(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤田 正美、以下:富士通マーケティング)は、中小企業・小規模事業者などの生産性向上を図ることを目的とした経済産業省の「平成29年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業」(以下、IT導入補助金)において、昨年度に続き、補助金の代理申請を行うIT導入支援事業者に採択されました。今年度は「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA(グロービア)」シリーズを含む6製品が、補助金対象のITツールとして認定され、5月より補助金交付に係る代理申請を受付しています。

概要

IT導入補助金とは、IT導入補助金事務局に予め登録されたITツール(ソフトウェア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者などの生産性の向上を図ることを目的としています。
 本事業は、自社の強み・弱みを認識、分析し、生産性向上に資する方策として、IT導入支援事業者が登録するITツールを、同事業者の提案を受けて検討した上で導入しようとする補助事業者に対して、ITツールの導入費用の一部を補助するものです。


  • 補助対象となる事業者:日本国内に本社および実施場所を有する中小企業など
    • 中小企業には個人事業主を含み、年商規模に関わらず資本金または常時使用する従業員数で判断されます。
    • 組合関連や医療、社会福祉法人も対象となります。
  • 補助率:ソフトウェア、クラウド利用費(1年間)、導入関連経費等の1/2以内
  • 補助上限額・下限額:上限額50万円、下限額15万円
  • 交付申請期間
    • 一次:2018年4月20日金曜日から2018年6月4日月曜日17時まで
    • 二次:2018年6月中旬から2018年8月上旬まで(予定)
    • 三次:2018年8月中旬から2018年10月上旬まで(予定)

※事業の詳細は、IT導入補助金のサイト新規ウィンドウが開きますをご確認ください。


当社が提供するIT導入補助金対象ITツール

業種・業務ソリューションの6製品と、関連する導入支援・保守費用が認定されています。
 なお、IT補助金対象のITツールは今後順次追加される予定です。

<主な対象製品>

  • FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら 販売(クラウド)
  • FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら 会計(クラウド)
  • FUJITSU Enterprise Application GLOVIA きらら 人事給与(クラウド)
  • FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-WINCARE Cloud
  • FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE LifeMark-WINCARE
  • FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE SX-S

※詳しくは、弊社ホームページのIT導入補助金紹介サイトをご確認ください。


関連Webサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。


本件に関するお問い合わせ

【お客様お問い合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  お客様総合センター
icon-telephone 電話: 0120-835-554(フリーダイヤル)
受付時間: 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

【報道関係お問い合わせ先】

株式会社富士通マーケティング  広報部
icon-telephone 電話: 03-6712-3119(直通)
icon-form 報道関係、調査会社の皆様からのお問い合わせフォーム新規ウィンドウが開きます


プレスリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容、お問い合わせ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。