GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ヘッドマウントディスプレイ(FHMD001)

保守/サポート一覧

保守/サポート一覧

※保守サポート期間(補修用性能部品の保有期間)は3年となります。

※製品の特性上、CEによる訪問修理は対応しておりません。(引取修理のみとなります)

※製品は、防水/防塵性能を有しています。防水性能を維持するため、異常の有無にかかわらず2年に1回部品の交換が必要となります。(有償)

※自営保守パートナー様での修理取り扱いはできません。

※海外修理は対応しておりません。

※当日訪問/翌営業日訪問修理には対応していません。

※使用環境により迅速な交換が必要な場合は、お客様において予備機で運用できる体制のご提案を併せてお願いいたします。

製品保証

保証期間 出荷年月から1年間
修理形態 引取修理
受付窓口 富士通SupportDesk Android™専用窓口
受付時間 月曜日~金曜日 9:00~17:00(祝日、12/30~1/3 は除く)

※保証期間内の修理には保証書が必要となります。保証書は再発行できませんので大切に保管してください。

※保証書は、日本国内においてのみ有効です。

※保証書の適用される範囲はハードウェア部分のみとなります。バッテリー等の消耗品は対象外です。

Android™ OSサポート

トラブル時に、ハードウェア/OSの問題を切り分けを実施し、OSやソフトウェアに関するお客様のご相談に
専門技術者が対応する「Android™ OSサポート」を製品にバンドルしています。

サポート期間 出荷年月から3年間
サービス内容 専門技術者による問題解決支援 ソフトウェア製品に関する基本仕様や操作方法、設定方法などのさまざまな問い合わせに専門技術者が迅速に対応します。
ソフトウェアのアップデート情報およびアップデートの提供 OSを含むプレインストールソフトウェアの機能追加や削除、及び脆弱性対策を含む機能改善等を行うためのソフトウェアアップデートを提供します。
受付窓口 富士通SupportDesk Android™専用窓口
受付時間 月曜日~金曜日 9:00~17:00(祝日、12/30~1/3 は除く)

※OS バージョンアップの提供は対象外です。※受付窓口の電話番号は、製品に同梱されるOSサポート書に記載します。

※従来のハードウェア修理相談センター/富士通サポートセンター(OSC)とは連絡先が異なります。

※本サービスの実施期間延長は出来ません。

※当窓口では、カスタムメイドプラスにてカスタマイズを行ったお客様マスタの調査は実施できませんのでご注意ください。

※お問い合わせの際、ヘッドマウントディスプレイ本体の型名・製造番号が必要です。筐体背面の銘版ラベルにて、ご確認ください。

SupportDesk パック for Android™

SupportDesk パック for Android™ は、3年間一括お支払い型保守サービスです。
ヘッドマウントディスプレイは、SupportDesk Standard(月額)、SupportDesk パック Lite(当日訪問修理/翌営業日以降訪問修理/引取修理)および保守サービスプラスは対象外となります。

サービス期間 3年間
サービス内容 引取修理・パーツ保証
対象範囲 ヘッドマウントディスプレイ本体および純正内蔵オプションなど
受付窓口 富士通SupportDesk Android™専用窓口
受付時間 月曜日~金曜日 9:00~17:00(祝日、12/30~1/3 は除く)

※バッテリー等の消耗品は対象外です。

※受付窓口の電話番号は、製品添付の保証書に記載します。

※従来のハードウェア修理相談センター/富士通サポートセンター(OSC)とは連絡先が異なります。

※本サービスは、SupportDeskの延長制度対象外です。

※障害装置は修理受付日の翌営業日に当社指定の宅配業者が引取り、当社指定工場で修理を行います。

※対象機器の引取から修理・お届けまで4~6営業日程度かかります。

※当日訪問/翌営業日訪問修理は対象外のため、使用環境により迅速な交換が必要な場合は、お客様において予備機で運用できる体制のご提案を併せてお願いいたします。

※一部機種および交通事情、天候、対象製品の設置地域等の条件により、翌営業日以降の引取となる場合があります。

※障害装置の引取りに際し、個人情報や機密情報などのお客様固有の情報は、お客様によって事前に消去していただくことが前提となります。

※当窓口では、カスタムメイドプラスにてカスタマイズを行ったお客様マスタの調査は実施できませんのでご注意ください。

※お問い合わせの際、ヘッドマウントディスプレイ本体の型名・製造番号が必要です。筐体背面の銘版ラベルにて、ご確認ください。

防水機能再生サービス

当社製ヘッドマウントディスプレイで製品仕様上、お客様自身で部品交換できない機器を対象に防水機能の再生を実施するサービスです。

サービス期間 1回/2年
サービス内容 引取修理
対象範囲 ヘッドマウントディスプレイ本体および純正内蔵オプションなど
受付窓口 富士通SupportDesk Android™専用窓口
受付時間 月曜日~金曜日 9:00~17:00(祝日、12/30~1/3 は除く)

※防水機能を維持するため、異常の有無にかかわらず2年に1回部品の交換が必要となります。

連携機器用アプリダウンロード

連携機器のセットアップ

本製品と連携して使用するためのソフトウェアを連携機器にインストールします(FHMD001をスタンドアロンでご利用の場合は不要です)。
ソフトウェアの入手方法、インストール方法につきましては、下記サイトをご覧ください。

<Android用>
http://www.fujitsu.com/jp/solutions/innovative/iot/uware/support/download/hmd-and/

<Windows用>
http://www.fujitsu.com/jp/solutions/innovative/iot/uware/support/download/hmd-win/

マニュアル

取扱説明書 ヘッドマウントディスプレイ(FHMD001)

取扱説明書 ヘッドマウントディスプレイ(FHMD001) (6.47 MB )

ドライバダウンロード

ADB用USBドライバ

ヘッドマウントディスプレイのアプリケーションを開発する際に使用するADB用パソコンUSBドライバを提供いたします。
http://www.fujitsu.com/jp/solutions/innovative/iot/uware/support/product/fhmd001/adb-driver.html

ファームウェアダウンロード

ヘッドマウントディスプレイ(FHMD001)ファームウェア ダウンロード

ヘッドマウントディスプレイ(FHMD001)のシステムをバージョンアップするためのファームウェアを提供いたします。
http://www.fujitsu.com/jp/solutions/innovative/iot/uware/support/customers/fhmd/firmware/v01r70a/

SDKダウンロード

ヘッドマウントディスプレイ(FHMD001)SDK ダウンロード

ヘッドマウントディスプレイの機能を利用するアプリケーションを開発するためのSDKを提供いたします。
下記ページよりダウンロードしてください(提供しているSDKを一括でダウンロード頂けます)。

http://www.fujitsu.com/jp/solutions/innovative/iot/uware/support/download/hmd-sdk/

オープンソースソフトウェア

ヘッドマウントディスプレイ(FHMD001)オープンソースソフトウェア ダウンロード

ヘッドマウントディスプレイ(FHMD001)のオープンソースソフトウェアを提供いたします。
下記ページよりダウンロードしてください(提供しているオープンソースソフトウェアを一括でダウンロード頂けます)。

http://www.fujitsu.com/jp/solutions/innovative/iot/uware/support/customers/fwupd/oss/hmd/

お使いになる上での注意事項

お使いになる上での注意事項については、 こちら をご確認ください。

製品情報

GTM-T3ZKJTP