GTM-MML4VXJ
Skip to main content

よくあるご質問(FAQ)

富士通ユビキタスウェアについて、よくあるご質問を掲載しています。

ユビキタスウェア全般に関する回答

1. 状態表示LEDが赤色で短く点滅している

[回答]

充電エラーもしくはハードウェアの異常です。故障の可能性があります。

2. 充電ができない(状態表示LEDが赤色に点灯していない)

[回答1]

  1. 充電台に端末がカチッとロックがかかるまで押し込まれているか確認する
  2. 別の端末でも状態表示LEDが赤色点灯するか確認する

上記で解決しない場合は、充電台が故障の可能性があります。

[回答2]

  1. 充電端子部が汚れていないか確認する
    汚れている場合、綿棒や乾いた布できれいにしたあと、 もう一度確認してください。
  2. 常温環境での充電状況を確認する
    周囲の気温が高すぎたり低すぎたりすると、バッテリの充電能力が低下します。常温環境(5~35℃)で充電出来るか確認してください。

3. 充電できない(状態表示LEDが赤色に点滅している)

[回答]

充電タイマー(※)での満了が発生しています。常温環境(5~35℃)で何度か充電し直してください。
※充電タイマーとは:充電が完了せずに充電し続けた場合、ある一定時間で充電を止めるタイマーのことです。

4. ボタン操作が利かない

[回答]

  1. 電源ボタンを押したときのクリック感(押したときにカチっという感触があるかどうか)を確認する
  2. 電源ON後、しばらく(約30秒)経ってから確認する

5. 端末が熱くなる

[回答]

電源を一度切ってからしばらく待って(20分程度を目安として)、もう一度電源を入れてください。

6. 満充電で使い始めてもバッテリーの減りが早い

[回答]

  1. ご使用環境で金属製のものが近くにないか確認する
    金属物が近くにあると、電波状況が圏外と圏内とを頻繁に切り替わるため、電池を消費します。なるべく金属物から離すようにしてください。
  2. 使用年数が2年を超えている場合
    電池が消耗していることが考えられます。

7. [ロケーター]動作状態LEDが消灯している

[回答]

  1. ロケーターとPoEスイッチを接続するLANケーブルが抜けかけていないか確認する
    LANケーブルが正しく接続されていないと、電源が供給されない場合があります。
  2. ロケーターとPoEスイッチがカテゴリ5e規格に対応したLANケーブルで接続されているか、
    LANケーブルが断線していないか確認する。
  3. ロケーターとLANケーブルで接続しているPoEスイッチの電源が落ちていないか確認する
    PoEスイッチの電源が落ちていた場合、電源が供給されません。
  4. ロケーターとLANケーブルで接続しているPoEスイッチのポートを変更しても消灯しているか確認する。
    PoEスイッチのポートが破損している場合は、電源が供給されません。

8. [ロケーター]動作状態LEDが赤点燈/点滅している

[回答]

  1. 測位システムPCとPoEスイッチを接続するLANケーブルが抜けかけていないか、接続を確認する
    LANケーブルが接続されていないと、正しく通信ができない場合があります。
  2. 測位システムPCから測位(トラッキング)の停止/開始をしてください
  3. 測位システムPCを再起動後、測位(トラッキング)を開始してください
  4. PoEスイッチに測位システムPC、ロケーター、フォーカシングロケーター以外のものが接続されていないか確認する
    測位システムPC、ロケーター、フォーカシングロケーター以外のものが接続されていると、測位システムは動作しません。

9. [ロケーター]動作状態LEDが青点燈となるが、位置が把握できない

[回答]

  1. LANケーブルが接続されていないと、正しく通信ができない場合があります。
  2. 対象がロケーションバッチ/タグの場合、測位できる設定になっているか確認する
    ロケーションバッチ/タグに電源が入っていなかったり、専用の設定がされていない場合は測位システムに接続できません。
  3. 対象がロケーションUSBドングルの場合、「よくあるご質問(FAQ)」を確認する
  4. ロケーションバッチ、タグをロケーターに近づけても位置が把握できないか確認する
    ロケータ―とロケーションバッジ/タグの間に障害物があった場合、通信ができないため測位できない場合があります。
  5. 測位システムPCを再起動後、測位(トラッキング)を開始してください
    測位システムPCが動作していない場合、測位システムを動作させることはできません。
  6. 測位システムPCからライセンスサーバーへのアクセスのため、インターネットに接続できる事を確認する
    インターネットに接続できる環境でないと、測位システムを動作させることはできません。
  7. 測位システムのライセンスが有効期間内である事を確認する
    ライセンスの有効期限が切れていた場合、測位システムは動作しません。
  8. PoEスイッチに測位システムPC、ロケーター、フォーカシングロケーター以外のものが接続されていないか確認する
    測位システムPC、ロケーター、フォーカシングロケーター以外のものが接続されていると、測位システムは動作しません。

10. [ロケーションUSBドングル]位置が把握できない

[回答]

  1. USBポートに最後まできちんと差し込まれているか確認する
    USBポートに接続されていないと電源が供給されません。
  2. 別のUSBポートに挿しても「位置が取れないか」確認する
    USBポートが破損している場合、電源が供給されません。
  3. USBポートがモバイルバッテリの場合、バッテリが充電されているか確認する
    バッテリが充電されていない場合、電源が供給されません。
  4. USBポートがPC,タブレットの場合、本体の電源が入っているか、USBポートがサスペンド状態となっていないか確認する
    本体の電源が入っていないか、USBポートがサスペンドとなっている場合、電源が供給されない場合があります。
  5. ロケーターに関する「よくあるご質問(FAQ)」(7、8、9)を確認する。

11. 「ユビキタスウェア センサーアルゴリズム」に含まれる「デバイス管理ツール」を使った無線通信を経由してファームウェア書き換えする方法の手順を教えてください。

[回答]

無線通信を経由してファームウェア書き換えする方法は、「ユビキタスウェア センサーアルゴリズム」に含まれる「デバイス管理ツール」が必要です。
詳細は『ユビキタスウェア センサーアルゴリズム ユーザーズガイド(本体編)』の「3.3デバイスの設定を変更する(デバイス管理ツール)」→「3.3.4 コマンドを新規に作成する」の項目をご確認ください。
手順は以下の通りです。

  1. 「3.3.4 コマンドを新規に作成する」に従って、デバイスのファームウェアをアップデートするためのコマンドを作成します。
    -「コマンド新規作成」画面の「コマンド」欄では、「ファームアップデート」を選択
    -「コマンド新規作成」画面の「ファーム」欄では、「ファームウェアファイル」ボタンをクリックし、アップデートしたいバージョンのファームウェアファイルを選択
  2. 「コマンド新規作成」画面の「コマンド」欄にある「コマンド送信」ボタンをクリックします。
    ※デバイスのファームアップはすべてのデバイスに適用されます。
  3. 「3.3.5 コマンド情報を確認する」に従って、コマンド種別が「ファームアップデート」のデータを取得し、処理結果を確認します。
    処理結果がOKであれば、アップデート完了です。
GTM-T3ZKJTP