GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. Innovative >
  4. ユビキタスウェア >
  5. スペック情報>
  6. コアモジュール/センサーアルゴリズム:仕様

コアモジュール/センサーアルゴリズム仕様

1,000個単位でご購入頂けます。

  コアモジュール
項目名 スペック
品名 コアモジュール
内蔵メモリ ROM 512KB
RAM 160KB
電源 VCCD 1.8または3.3V
VCC_RF/BAT 2.2~3.9V
VCCA 1.8または3.3V
通信方式 Bluetooth® Bluetooth® Smart準拠
無線LAN
外部インターフェース I2C 1系統
GPIO(IRQ) 1端子
SPI/GPIO 4端子
I2C/UART/GPIO 2端子
Analog IN/GPIO 1端子
端子形状 LGA 72ピン
搭載センサー 加速度、ジャイロ、地磁気、気圧、マイク
カメラ
防水・防塵
耐薬品
MIL-STD-810G
温湿度条件 温度-20~85°C(動作時)/温度-40~85°C(保存温度範囲)(結露しないこと)
外形寸法(W×D×H) 約12 × 約16 × 約1.7mm
質量 約0.55g
静電気耐力 ±2kV(HBM)

試作開発用アクセサリ(オプション)

  コアモジュール(サンプルパック)
品名 コアモジュール(サンプルパック)
  • サンプル品10個パック。
  • お客様デバイスの量産時にはご活用できません。
  コアモジュール開発キット
品名 コアモジュール開発キット
コアモジュール評価ボード
ハードウェア仕様
動作周囲温度 25°C±10°C
保存温度 0~70°C
湿度 0~100%(結露しないこと)
RoHS対応
供給電源 USB I/F:+5V 500mA
ボードサイズ(W×D×H) 約88 × 約90 × 約23mm
  • 本製品は、組み込み用センシングモジュールと、そのセンシングデータの解析を行うアルゴリズムから構成され、状態の測定・推定や、それに基づく注意喚起を行う補助的な役割の機器です。身体的な特徴、および機器の組み込み方や組み込みを行った装置の環境条件・設置方法・使用方法によっては、正しく測定・推定・注意喚起ができない場合があります。
  • 本製品は、状態の測定・推定結果により注意喚起することを保証するものではなく、発生した事故について、弊社は一切の責任を負いません。
  • ゲートウェイからの距離が離れた場合などに通信ができず、イベントの通知や指定した周期でのデータのアップロードができないことがあります。
  • 他の2.4GHz帯の電波を使用する機器が存在する環境では、電波の干渉、通信帯域の競合により、ゲートウェイへの接続が阻害されたり、測位に必要なビーコンからの電波を受信できないことがあります。他の機器を減らす、Wi-Fiの使用チャネルを整理するなどの対策をおこなってください。
  • すべてのアルゴリズムにおいて、人や物の動き、状態変化の完全な検出(検出漏れなし、誤検出なし)を保証するものではありません。

お問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)

電話でのお問い合わせ

0120-933-200(通話無料)

受付時間:平日9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-T3ZKJTP