GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ロケーション活用の業務支援ソリューション

ロケーション活用の業務支援ソリューション

現場で作業する人や機械の位置情報を高精度・リアルタイムにロケーションを把握することで、衝突事故や転倒事故を早期発見します。
取得した位置情報から、導線を分析することで業務効率化ができます。また、別途、平均誤差で2.5mの広範囲測位を行う方法もあります。

カタログを入手する

主な活用シーン

建設現場

狭い作業場所での効率的な車両移動や警備員への人の誘導

狭い通路やトンネルなど、視認性の高くない場所で車両や資材の位置を可視化することで、車両の切り返しを減らし、事故を防止します

製造工場 (電機・自動車など)

人の位置をリアルタイムで把握し、業務を最適化

作業員が手順書通りに作業ポイントを移動するか、作業順のチェックを行い、業務の効率化やトラブルを防止します

製造工場 (化学など)

危険な場所への立ち入りを即座に把握

作業員の位置がわかるので、立ち入り禁止エリアへの侵入を把握できます

特長

業務に合わせて組み合わせられる、2つの測定方式

「広範囲測位」は、独自アルゴリズムの移動経路推定技術(PDR)により少ない設備で人や物の位置を把握することが可能です。
「高精度リアルタイム測位」は、スタッフ、顧客、物の位置を、高い測位精度(最小誤差円半径30㎝~)でリアルタイムに把握することができます。お客様の業務に必要な精度要件に合わせた測位方式を組み合わせ可能なので、コストを最適化することができます。

(注1) 位置情報は、機材の設置条件によって影響を受けることがあります。
(注2) 広範囲測位にはビーコン、高精度リアルタイム測位にはロケーターを使用します。

位置情報と合わせて、転倒・転落も検知可能

転倒・転落を検知することが可能なので、巡回中の事故などに迅速に対処することができます。
また、ロケーションバッジの通知ボタンは任意の機能を付与することができるため医療現場で応援を要請したり、警備異常の有無を記録することもできます。

軌跡や滞留情報はクラウドに蓄積して分析

センサーアルゴリズムと組み合わせることで、蓄積したデータから行動パターンを学習します。また、測位したデータを生産ラインシミュレーターに取り込んだり、物流システムと連携させて分析することも可能です

(注) 連携するシステム・サービスが別途必要になります。

全体イメージ

カタログを入手する

お問い合わせ

富士通コンタクトライン(総合窓口)

電話でのお問い合わせ

0120-933-200(通話無料)

受付時間:平日9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

GTM-T3ZKJTP