GTM-MML4VXJ
Skip to main content

開発資産流用支援ツール
FUJITSU Software
SIMPLIA TF-MDPORT Pro(64bit)

『SIMPLIA TF-MDPORT Pro』(シンプリア ティーエフ エムディーポート プロ)は、異なるプラットフォーム間でのデータファイル形式の変換や文字コードの変換などシームレスなデータの流通を実現する資産流用支援ツールです。

製品概要

利用シーン

  • 汎用機システムをオープン化する際の一時的なデータ移行作業時
  • 他社機をリプレースする際の一時的なデータ移行作業時
  • 異なるプラットフォーム間でのデータ移行作業時
  • 異なる言語間でのデータ移行作業時

TF-MDPORT Pro全体図

SIMPLIA TF-MDPORT Proは、お客様の異なる環境にあるデータを効率的に移行できます。

MDPORT Pro全体図

導入効果

  • データ流用の効率化
    汎用機/オフコン・パソコン・UNIX機間のソース/データ流用を効率よく行うことができます。
    マルチベンダー環境での資産流用が可能になります。
    数値属性(バイナリやパック等)のコード変換が可能になります。
  • 業務データのテスト利用
    業務データをマスク機能で加工し、個人情報を秘匿することによりテスト作業に利用することができます。

注意事項

x86版(Windows版 SIMPLIA TF-MDPORT Pro)から移行する際の注意事項

  • コード変換機能を使用することはできません。
  • 入力データ形式または出力データ形式にXML形式を指定したレイアウト定義を変換で使用することはできません。
  • COBOL解析オプションのファイル種別で、YPSインクルード仕様書を指定した解析をすることはできません。
  • COBOL解析オプションのファイル種別で、ファイル定義体を指定した解析をすることはできません。
  • EUCコードを扱う場合、英数字項目上の半角カナはコードセット2として扱います。
  • 利用者定義変換テーブルのコード対応定義データの記述方法は、以下の通りとなります。
    • EUCカナ(コードセット2)を指定する場合は、"8E"を付加して4桁で指定します。
    • 記述可能なコード範囲は、文字コードとして定義されている領域となります。
  • Windows版,Solaris版,Linux版,x64-Linux版,Linux for Itanium版 TF-LINDAからの「MDPORT連携」ができなくなります。
  • UNICODE-SJIS 間の文字コード変換時、環境依存文字において変換結果が異なります。
    利用者定義変換テーブルを作成していただくことで x86 版と同一の変換結果を得ることができます。

過去のエンハンス情報

SIMPLIA TF-MDPORT Pro( V80L31からV81L10 )

  • MDPORTLCコマンド機能、レコード変換機能、データ加工機能に対応しました。
  • Windows Server 2019に対応しました。
  • 他社コード(IBM/KEIS/JIPS(E)/JIPS(J))とUnicode(UCS-2/UTF-8)間の変換に対応 しました。
  • 同一コード無変換出力機能の設定値を基本機能のメイン画面に追加しました。
  • マニュアルの動作保証ブラウザとして、Microsoft Edgeに対応しました。

V80L30からV80L31

  • 新規OSサポート
    Windows 10、Windows Server 2016上での動作をサポートしました。

ダウンロード

カタログダウンロード

(1,794KB / A4, 27 pages)

ソフトウェア説明書ダウンロード

(139KB / A4, 10 pages)

マニュアルダウンロード

(12,678KB / A4, 373 pages)

本製品・サービスに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)