『SIMPLIA TF-LINDA(64bit)』(シンプリア ティーエフ リンダ)は、アプリケーションプログラムを作成することなく、テストデータを汎用的に作成できるテストデータ作成支援ツールです。

製品概要

提供機能

  • 使い易い入力画面
  • テストデータの作成・更新・表示・印刷機能
  • COBOL登録集、TF-MDPORTのレイアウト定義からレイアウトを自動生成

導入効果

  • テスト作業で使用するテストデータ作成の効率化、テスト結果の検証作業の効率化が実現できます。

型名・価格

TF-LINDA(64bit)
製品名V/L型名価格(税別)
メディアパック (注1)V81L10A514CCPX10,000円
1プロセッサA5149CPY80,000円
1プロセッサ 移行用(注2)A5149CQ040,000円
TF-LINDA(64bit)月額ライセンス(注3)
製品名V/L型名価格(税別)
メディアパック (注1)V81L10A514CCPX10,000円
1プロセッサA5149CPYD6,300円
  • 注1
    メディアパックはインストール用媒体のみの製品です。使用権は同梱されておりませんので、別途ライセンスを購入してください。
  • 注2
    移行用ライセンスとは、TF-LINDA V80をご利用中のお客様がV81へアップグレードするための製品です。
  • 注3
    月額ライセンスとは、月単位で使用権をご購入いただける商品です。使用期限を月単位に制限することで、よりお求めやすい商品です。プログラムサポートサービスを含んでいます。
TF-LINDA(64bit)プログラムサポートサービス(注4)(注5)
製品名V/L型名価格(税別)
プログラムサポートV81月額A5140CPYM4,000円
年額A5140CPYM144,000円
  • 注4
    プログラムサポートサービスは、専用Q/A窓口、トラブル/障害情報の即時通知、レベルアップ版の無償提供、および、SIMPLIA製品の最新情報の提供等を行うサービスです。
  • 注5
    それぞれの製品で、プログラムサポートサービスの型名は同一です。

注意事項

x86版(Windows版 SIMPLIA TF-LINDA)から移行する際の注意事項

  • MDPORT連携機能で、XML形式ファイルのインポート/エクスポートを使用することはできません。
  • フォーマット解析のファイル種別で、YPSインクルード仕様書を指定した解析をすることができません。
  • フォーマット解析のファイル種別で、ファイル定義体を指定した解析をすることができません。
  • EUCのデータファイルを扱う場合、カナJIS8モードは指定できません。
  • テストケースファイルは、互換性がありません。

過去のエンハンス情報

V80L11からV81L10

  • Windows Server 2019に対応しました。
  • UTF-16のCOBOLデータファイルに対応しました。

V80L10からV80L11

  • 新規OSサポート
    Windows 10、Windows Server 2016上での動作をサポートしました。

機能紹介詳細

基本機能

  • ASCIIコード、シフトJISコード、EBCDIC(カナ)コード、JEF日本語コード、EUCコード、Unicodeで作成されたデータを表示/編集することができます。
  • COBOL登録集、TF-MDPORTで作成したレイアウト定義ファイルからレコードフォーマットを解析できます。
  • ファイル情報、使用したCOBOL登録集、TF-MDPORTで作成したレイアウト定義ファイル情報および、アイテムセレクト情報をファイル単位で自動保存します。
  • TF-LINDA初期画面にデータファイルをドラッグ&ドロップすることで、操作したいデータファイルを指定することができます。
  • コマンドラインから、データファイル名を指定してTF-LINDAを起動することができます。
  • データファイル更新処理の際、更新前のデータファイルを別フォルダに退避することができます。(バックアップ機能)
  • 編集(抽出)中のデータ内容を別のデータファイルへ保存でき、新たに作成されるデータファイルは、ファイル編成・レコード形式ともに編集中のものと同じ形式となります。
  • 1項目内で特定の文字列/数値データや16進データを探し出す検索(データの検索)、項目名を指定する検索(項目の検索)の2種類の検索機能があります。(検索機能)

データセットの作成・更新・表示・印刷機能

  • 既存のデータファイルを操作する場合、編集対象のデータをレコード単位で絞り込むことができます。
  • 編集中のデータ内容を、異なるコードまたはCSV形式ファイルに変換して出力したり、CSV形式ファイルを編集画面に取りこむことができます。(MDPORT連携機能)
  • TF-LINDAでは各種コード体系のデータに対応しており、それぞれのコードで表示/編集/印刷することができます。
  • 編集する画面形式には2種類(レコード形式画面・一覧形式画面)があり、双方への画面切り替えが可能です。
  • 表示または編集したいデータ項目の選択や、レコード情報を切り替えることができます。(アイテムセレクト機能)
  • 各データ属性にそった表示/編集だけでなく、16進数による表示/編集も可能です。
  • 編集中のデータ内容を一覧形式イメージで印刷することができます。(印刷機能)
  • データ項目単位にデータ生成条件を指定することにより、テストデータを自動生成することができます。(データ自動生成機能)

画面・出力帳票例

一覧形式画面

レコード形式画面

印刷プレビュー画面

ダウンロード


  (2,045KB / A4, 22 pages)


  (4,921KB / A4, 257 pages)


  (4,921KB / A4, 257 pages)

ページの先頭へ