GTM-MML4VXJ
Skip to main content

プログラムレビュー支援ツール
FUJITSU Software
SIMPLIA VF-SOCCHK

『SIMPLIA VF-SOCCHK』(シンプリア ブイエフ ソックチェック)は、プログラムのレビュー作業を支援するツールです。

製品概要

提供機能

  • インタフェースチェックリスト出力機能
  • 不当転送チェックリスト出力機能
  • CALL/PROCパラメタ一覧出力機能
  • データ項目関連図出力機能
  • 使用項目一覧出力機能

導入効果

  • プログラミングの段階で、障害の多くを発見できるため、テスト工程での手戻りを削減できます。
  • プログラムのレビュー内容を標準化してレビューを行うことができます。
  • YPS、および、COBOLプログラムの単純ミスによる障害(プログラム間のインタフェースミスやデータ転送ミス)をプログラムのレビュー段階で発見することができます。

仕様

VF-SOCCHK仕様
製品 V/L OS 備考 PSS
製品本体 V21L20 MSP, XSP 備考なし PSSあり 注1

注1 PSSとはプログラムサポートサービスの略です。
プログラムサポートは、専用Q/A窓口、トラブル/障害情報の即時通知、レベルアップ版の無償提供、SIMPLIA製品の最新情報の提供等を行うサービスです。

過去のエンハンス情報

V21L11 から V21L20

  • CURRENT-DATE関数対応
    COBOL85 V12L20 PTF91121で追加された組込み関数機能のCURRENT-DATE関数に対応しました。
    • 不当転送チェックリスト出力機能
      CURRENT-DATEが21バイトの英数字項目:X(21)として扱われます。
    • データ項目関連図出力機能
      CURRENT-DATEがデータ項目として扱われます。

機能紹介詳細

インタフェースチェックリスト出力機能

下位プログラムとのインタフェースにミスがないかをチェックし、定義されているパラメタの個数、属性などの正当性をドキュメントに出力します。

不当転送チェックリスト出力機能(帳票例

転送命令などの送出し側、受取り側のデータ項目属性にミスがないかをチェックし、その結果をドキュメントに出力します。

CALL/PROCパラメタ一覧出力機能

USING句に定義されているパラメタの属性およびパラメタ内の各データ項目の値を、設定、参照しているかチェックし、その結果を二種類のドキュメントに出力します。

データ項目関連図出力機能(帳票例

解析対象プログラムで定義されている転送命令などの送出し側データ項目と受取り側データ項目の関連付けを、データ部の定義順序に従って図形式でドキュメントを出力します。

使用項目一覧出力機能

プログラムの手続き部で記述されるデータ項目が、それぞれ受取り側(設定)か、送出し側(参照)かの判別を行い、データ部の定義順序に、参照・設定情報を付加した一覧をドキュメントに出力します。

画面・出力帳票例

不当転送チェックリスト

不当転送チェックリスト

データ項目関連図

データ項目関連図

ダウンロード

カタログダウンロード

(761KB / A4, 15 pages)

ソフトウェア説明書ダウンロード

本製品・サービスに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)