GTM-MML4VXJ
Skip to main content

結合テストレビュー支援ツール
FUJITSU Software
SIMPLIA VF-ITreviewer

『SIMPLIA VF-ITreviewer』(シンプリア ブイエフ アイティレビューアー)は、ファイルやプログラム間のデータ項目の参照/設定状況を把握したり、実行結果に誤りがある場合の転送元項目の洗い出しを効率よく行うことにより、COBOL、YPS/COBOLプログラム結合後のレビュー及びデバッグ作業を支援するツールです。
本製品は2012年1月15日をもって販売を終了いたしました。

製品概要

提供機能

  • モジュール/インターフェース項目マトリクス出力機能
  • モジュール/ファイル項目マトリクス出力機能
  • ファイル項目関連図出力機能

導入効果

  • プログラム間のパラメタの受渡し状況の正当性が、テストを実施せず確認できます。
    仕様変更時の影響データ項目を関連データ項目まで正確に抽出できます。

仕様

VF-ITreviewer仕様
製品 V/L OS 備考 PSS
製品本体 V21L10 MSP, XSP 備考なし PSSあり 注1

注1 PSSとはプログラムサポートサービスの略です。
プログラムサポートは、専用Q/A窓口、トラブル/障害情報の即時通知、レベルアップ版の無償提供、SIMPLIA製品の最新情報の提供等を行うサービスです。

新機能紹介

V20L11 から V21L10

  • マルチクラスタ環境における運用
    OSIV/MSPスケーラブルSCMPシステムにおけるマルチクラスタの運用を可能にしました。
    OSIV/XSPマルチクラスタシステムにおけるマルチクラスタの運用を可能にしました。

機能紹介詳細

モジュール/インターフェース項目マトリクス出力

下位プログラム間とのパラメタの依頼/結果の通知状況を出力します。(帳票例

モジュール/ファイル項目マトリクス出力

ファイルの各データ項目単位に各プログラム内での参照/設定状況を出力します。

ファイル項目関連図出力

ファイルの各データ項目の転送元項目をプログラムにまたがって出力します。(帳票例

画面・出力帳票例

モジュール/インターフェース項目マトリクス

モジュール/インターフェース項目マトリクス

ファイル項目関連図

ファイル項目関連図

本製品・サービスに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)