GTM-MML4VXJ
Skip to main content

Javaテスト項目抽出ツール
FUJITSU Software
SIMPLIA JF JTestGenerator

『SIMPLIA JF JTestGenerator』(シンプリア ジェイエフ ジェイテストジェネレーター)は、Java言語を使用したシステム開発におけるプログラムテスト工程を支援するためのツールです。
Java言語で記述されたソースプログラムまたは、コンポーネントインターフェースファイル(定義例)を解析しテスト項目となる情報を抽出しますので、テスト仕様書を作成する基データとしてご利用できます。
本製品は2010年11月30日をもって販売を終了いたしました。

製品概要

提供機能

  • テスト項目要素抽出機能
  • テスト項目編集機能
  • テスト仕様書形式出力機能
  • Eclipse連携機能

導入効果

  • Java言語を使用したシステム開発において、テスト仕様書の作成作業の軽減、テスト作業の効率アップを可能にします。
  • Java言語を使用したシステム開発において、テスト仕様書の作成作業の軽減、テスト作業の効率アップを可能にします。

備考

  • JDK1.1, 1.2, 1.3, 1.4, 5.0, 6.0に対応しています。

新機能紹介

V20L10 から V20L20

  • Windows Vista, Windows Server 2008対応
    Windows Vista,Windows Server 2008をサポートしました。
  • Eclipse3.3, 3.4対応
    Eclipse3.3, 3.4からJTestGeneratorに連携可能となりました。
  • EXCEL 2003, 2007対応
    EXCEL 2003, 2007によるEXCELファイルの入出力が可能になりました。
    注意)Excel入出力機能では、XLS形式(Excel97-2003ブック),CSV形式をサポートしています。XLSX形式はサポートしていませんので、ご注意ください。
  • JDK5対応
    JDK5にて新たに追加された構文を利用したJavaソースからも、解析とテスト項目抽出が可能になりました。
  • JDK6対応
    JDK6環境をサポートしました。

機能紹介詳細

テスト項目要素抽出機能

階層View、編集Viewで表示されているテスト項目のチェック状態を判断し、テスト項目を自動抽出します。(画面例

  • JTestGeneratorウィンドウ画面の説明
    JTestGeneratorウィンドウ画面は3つのView(階層View、条件View、編集View)に分割されます。
    以下にそれぞれのViewの説明をします。
  • 階層View
    テスト項目をクラス、メソッド、テスト種別(パラメタ、条件、ループ、例外)の階層イメージで表示します。
    テスト項目のチェックボックスがチェックされている場合に抽出対象となります。

    階層View画面

  • 条件View
    階層Viewで選択されている階層によってクラスView、メソッドView、テスト種別View(パラメタ、条件、ループ、例外)を表示します。
    テスト項目として抽出対象とするかどうかをチェックボックスを選択することにより指定できます。
    なお、条件Viewには7つの種類があり、階層Viewの選択位置から下位階層に含まれている情報を表示します。

    条件View画面

  • 編集View
    編集Viewには、テスト仕様書として出力する内容を表示します。
    テスト項目の自動作成と編集機能を提供します。
    階層View、条件Viewでチェックボックスがチェックされているテスト項目を編集Viewに抽出します。
    必要に応じて新たなテスト項目を追加できます。

    編集View画面

テスト項目編集機能

編集Viewに自動作成したテスト項目または新規作成したテスト項目を編集View上で追加、修正、削除などの編集が行えます。

テスト仕様書形式出力機能

編集Viewに自動作成または新規作成したテスト項目の出力情報をテスト仕様書の雛型として、CSVファイル形式または、Excelファイル形式に出力します。(CSV出力例

タグジャンプ

選択したテスト項目の行でソースを開くことができます。(画面例
ソースを開くアプリケーションを指定することができるため、普段使いなれているエディタで参照することも可能です。
V20L10からは、Eclipse連携機能が追加されたため、Eclipseエディタ上にタグジャンプすることも可能です。
対応しているEclipseのバージョンは3.0,x から 3.4.xです。

バッチモード

本製品を起動せず、コマンド発行によりテスト項目の抽出ができます。
バッチファイルを作成すれば、テスト仕様書の雛型を一括作成することもできます。

Eclipse連携機能

Eclipse連携機能では、Eclipseからプロジェクトを選択して、JTestGeneratorを起動できます。
Javaソースを選択して起動することにより、該当ソースからすぐにテスト項目を抽出できます。
また、JTestGeneratorからJavaソースにタグジャンプすることも可能なため、ソースを確認しながらテスト項目の設計をすることが可能です。

画面・出力帳票例

コンポーネントインターフェースファイル

コンポーネントインターフェースファイル

JTestGeneratorウィンドウ

JTestGeneratorウィンドウ

ソースビューア画面

ソースビューア画面

テスト仕様書形式出力例

テスト仕様書形式出力例

本製品・サービスに関する資料請求・お見積もり・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)