GTM-MML4VXJ
Skip to main content

TransMigrationサービス モダナイゼーションの考え方

既存システムを起点にした変革を支援

モダナイゼーションは、既存システムの資産を生かしながら、新しいテクノロジーや業務要件に俊敏に対応できるシステムに作り変える方法です。複雑化、老朽化した既存の情報システム(AsIs)では、ビジネスイノベーションの実現は困難です。既存の情報システムを活かしつつ、モダナイゼーションを実施し、あるべき情報システム(Next)を実現することが重要になります。
TransMigrationサービスは、富士通が長年培った移行技術をベースに既存アプリケーションを最適なプラットフォームへ移行し、既存システムのモダナイゼーションを支援します。

図解: モダナイゼーションの考え方