GTM-MML4VXJ
Skip to main content

共通

 機能と構成開発手順アプリ形態製品ご紹介動作環境

機能と構成

  共通は、2つの機能で構成されます。

開発支援機能(INTARFRM Development Facility)

  帳票アプリケーションを開発するための支援機能一式です。
  共通部品(フレームワーク機能)、開発マニュアル、サンプルシステムを提供します。

実行機能(INTARFRM Runtime)

  List(Batch)で構築したシステムの実行機能です。

▼開発支援機能と実行機能の概要は下表のとおりです。

システム形態 出力帳票 開発言語
帳票 PDF、OWF、XLSX、
リモートプリンター、電子帳票
Java
Visual C#、Visual Basic
XLS、XLSX、XLSM Java
Visual C#、Visual Basic

開発手順

  開発手順の概要を紹介します。

設計プロセス

  設計書を作成します。設計情報はINTARFRM 開発標準で提供した標準フォーマットに記述します。

開発プロセス

  フレームワークで提供している共通部品を使用して必要なソースを作成します。帳票出力呼出処理自動生成テンプレートを用いて必要に応じて業務ロジックを編集し効率的に帳票アプリケーションを作成することができます。

運用プロセス

  INTARFRMの実行機能上に開発したアプリケーションを配備し、運用します。

アプリ形態

  アーキテクチャ、開発言語の組合せによるアプリ形態を紹介します。

帳票アプリケーション

  Javaまたは.NET Frameworkで開発する業務アプリケーションと連動する帳票アプリケーションを開発します。

製品ご紹介

INTARFRM List(Batch)を紹介します。

INTARFRM List(Batch)

  INTARFRM List(Batch)はシステム構築における帳票機能の開発の中で、開発作業の効率化、開発機能の品質安定、開発機能の保守性向上を実現するアプリケーションフレームワーク製品です。

INTARFRM List(Batch)EX

   INTARFRM List(Batch)EXはシステム構築における帳票機能の開発の中で、Excel形式による帳票機能の開発を実現するアプリケーションフレームワーク製品です。

動作環境

  共通の各製品コンポーネントの動作環境は、下記ファイルを参照ください。

INTARFRM 動作環境(2019年5月版) ダウンロード (879 KB)

INTARFRM(インターファーム)に関するお問い合わせ

icon-telephone 電話でのお問い合わせ(総合窓口)

0120-933-200富士通コンタクトライン

受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

icon-form Webでのお問い合わせはこちら