GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FUJITSU 流通業ソリューション ChainFlow 小売向けWebEDIシステム

WebEDIソリューション「ChainFlow」

ChainFlow は単なる通信用ソフトウェアではなく、受発注を初めとした取引先との情報共用を実現する業務ソリューションです。

伝票レス、ノー検品実現による受発注業務全体のコスト削減に加え、取引先協業によるカテゴリマネジメント推進、話題の次世代標準EDI(流通BMS)対応まで、様々な面での業務改善をご支援いたします。

システム概要システム概要

特長

受発注業務コストの削減・経理締めの早期化

EOS発注だけでなく、入荷や支払まで含めたトータルなEDIの実現により、伝票レス運用,ノー検品運用を現実のものに。
納品書パンチ入力や月次締処理時の伝票突合せチェック作業を無くすことができ、業務コストを大幅削減するとともに、利益把握、経理月次確定をスピードアップ。
伝票入力や印刷代などの伝票処理コストや、回線使用料といったコストを削減。

取引先とのEDI実施が簡単

WebEDIなら、インターネットにつながるパソコンさえあれば、小口取引先でもEDI化が可能に。自動化オプションを使えば、WebEDIにつきものの取引先側のブラウザ手操作が不要。
インターネットならではの高速回線を利用し、JCA手順より短時間でデータ送受信が可能。

流通BMSに対応

普及が始まっている流通BMS(流通ビジネスメッセージ標準)に対応。流通BMSの3つの手順すべてに対応しています。
WebEDIと流通BMSとのデータを一元管理しており、発注システム側は相手が流通BMSか否かを気にする必要は無く、流通BMS対応システムを、容易に構築できます。
流通BMSをWebEDI連携無しの単独の通信ツールとしてご利用いただく、流通BMS通信パッケージもご用意。さらに取引先にご利用いただく流通BMS通信パッケージJX手順クライアントもご用意しています。

豊富な機能で商品業務を全面的にサポート

取引先からの商品申請や、商品画像データ交換等のWeb商談機能により、新商品のマスタ登録作業を効率化。
POSデータ提供オプションの適用により、単品売上実績情報を取引先と共有し、Win-Winの関係を構築。
生鮮買付オプションにより、これまで難しかった生鮮食品の仕入をシステム化。

環境貢献ソリューション(Green Policy Innovation ロゴマーク)

ChainFlow」は、富士通の「環境貢献ソリューション」に登録されております。
環境改善効果

富士通グループは、グリーンITによりお客様・社会の環境負荷低減に貢献します。

ChainFlow 小売向けWebEDIシステムに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)