GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 自治体 >
  5. 特集 >
  6. 公共施設等総合管理計画から次のステップに進めるために(後編)

公共施設等総合管理計画から次のステップに進めるために
~公共施設マネジメントの具現化につながる実行計画の作成と基盤づくり~

2016年10月21日掲載

トピックス

公共施設マネジメント計画策定をワークショップ形式で実感いただける「公共施設マネジメントセミナー」を、2018年度も四国地区・中国地区で開催いたしました。
参加された皆さまが積極的に取り組まれ、活発な討議で、各グループ工夫に富んだマネジメント計画を策定されました。


【2018年度実施状況】開催状況

  • 8月1日 四国会場
  • 8月2日 中国会場

【2017年度実施状況】開催状況

  • 8月28日 東京会場
  • 9月1日 大阪会場
  • 2月14日 九州会場

施設再編計画

1 公共施設の実態と課題の再整理

総合管理計画策定にあたり収集したデータでは、個々の施設の方向性を検討する上で情報が不足する場合には、改めて調査・収集を行ない、類型別の実態と課題を再整理します。

2 施設の再編にかかる実行プランの策定

今後30年間程度の「建物棟別大規模改修及び建替え工事等の実施予定一覧表」を作成。総合管理計画で整理した方向性や目標値等を踏まえて、事務局側で施設の再編案を整理しロードマップとしてまとめます。このロードマップに基づいて、施設所管課との協議を進め、実行プランをとりまとめます。

3 計画運用の主体となる職員研修の実施

計画運用の主体となる庁内職員の理解を深めるために職員研修を実施します。具体的な例として、2つの研修を紹介しています。
1. は公共施設マネジメント取り纏め部門にて実施されることがあるかと思いますが、2. については、弊社がご提供できるコンサルサービスとなっております。

  1. 公共施設マネジメントの必要性と総合管理計画の概要説明[講義形式]
  2. 行政経営ゲームの実施[グループワーク形式]

ハード(建物)とソフト(各施設で提供する事業)の両面を意識し、施設サービスの維持・向上と維持更新・運営に係る経費の縮減を同時に推進する具体策検討の思考を養う(詳しくは、次回「特別付録・行政経営ゲームについて」をご覧ください)。

4 自治体内外の企業に対するサウンディングの実施

自治体内外の複数の企業に対して呼びかけを行い、公共施設の活用可能性について広く意見を求める場を設けます。ここで出された意見を整理し、個々の施設の計画に反映します。

5 計画の実効力を確保するデータベースの構築

公共施設の変化を的確に捉えるとともに、再編計画の進捗・効果を把握しておくことは、施設の適正な維持管理や今後の計画の方向性を図る上で、非常に重要なポイントとなります。このような場面でICTを利活用し、データベースを作成することにより、全庁での情報管理が可能となります。なお、データベースに蓄積されたデータを活用することで、住民や議会に対して計画の進捗・効果をわかりやすく公表できる施設カルテ等の各種ドキュメント類の作成も可能となります。

施設保全計画

1 施設の劣化状況の把握と診断の実施

施設を安全かつ有効に活用するためには、物理的実態をきちんと把握した上で、修繕や改修等を行う必要があります。職員による劣化状況調査結果に基づいて劣化度を評価、診断することが必要です。

2 保全にかかる各種基準設定の支援

建物の各部位ごとに、保全工事の実施基準、維持管理の水準等を整理します。また、保全優先度を判定する上での基準となる考え方や条件を整理します。

3 保全工事の優先順位付け

保全工事の実施基準に基づき将来コストを試算し、いつ・どの程度費用を圧縮する必要があるかを可視化します。実際の劣化診断結果を踏まえ、劣化度が高い施設は早期に修繕工事等を実施するものとした場合、どの程度コストが膨らむ(又は縮減する)可能性があるかを分析します。

4 点検マニュアル等の整備と職員研修の実施

施設所管課の職員の方々が、自らが日常点検業務等を行うことができるよう、実施手法を整理するとともに、マニュアルの整備及び職員研修を実施します。

公共施設マネジメント推進支援(コンサルティングサービス)

さて、今回ご紹介した「具体的な取り組み」を行なうにあたって、弊社からご提供可能なソリューションについて、ご紹介致します。上記、施設再編計画1~5、施設保全計画1~4について、各項目ごとのご支援も、全項目に渡る広いご支援も可能です。是非ご相談下さい。

コンサルティングサービス(例)

施設再編計画3: 計画運用の主体となる職員研修の実施

  1. 公共施設マネジメントの必要性と総合管理計画の概要説明[講義形式]
  2. 行政経営ゲームの実施[グループワーク形式]

施設再編計画4: 自治体内外の企業に対するサウンディングの実施

複数の民間企業との意見交換のファシリテートを行うとともに、出された意見を整理し、個別施設の実行計画に適宜反映できるように支援します。

施設保全計画1: 施設の劣化状況の把握と診断の実施

簡易的に劣化度を評価することのできる「簡易劣化診断ツール」を用い、全棟の劣化状況を正しく把握し、具体的な保全工事の実施スケジュール等の検討の基礎情報を整理します。

ソリューション

施設再編計画5: 計画の実効力を確保するデータベースの構築

富士通の公共施設マネジメントSaasは、全庁に渡る、効率的な情報管理と、有効なデータ活用を実現します。詳細は下記のソリューションページをご覧下さい。

コンサルティングサービス・ソリューションに関するお問い合わせ

上記、コンサルティングサービス・ソリューションに関して

  • 資料が欲しい
  • 詳しい内容が知りたい
  • システムのデモが見てみたい
  • 概算見積もりが欲しい

方は、こちらまで…

お問い合わせ/資料請求

公共施設マネジメントセミナー 開催報告

【2018年度】
(1) 概要


四国会場 中国会場
開催日 2018年8月1日(水) 2018年8月2日(木)
開催地 高松市 広島市
参加人数 4団体 10名 5団体 8名
主な参加部門
  • 企画系(総合政策課、総務部総務課、行政経営課)
  • 管財系(管財課、財産管理課)
  • その他(建設課、都市計画課、公共施設マネジメント推進室)

(2) アンケートより

  • 将来を長期的に考える必要性がわかった。
  • 公共施設マネジメントの考え方の効率的な学習手段である。
  • 職員への意識啓発・庁内の合意形成に活用できる。
  • 長寿命化計画・個別計画策定において役に立つ。

等々…

(3) 会場の様子

公共施設マネジメントセミナー 会場の様子1

公共施設マネジメントセミナー 会場の様子2

【2017年度】概要


東京会場 大阪会場 九州会場
開催日 2017年8月28日(月) 2017年9月1日(金) 2018年2月14日(水)
開催地 東京都港区 大阪市中央区 福岡市早良区
参加人数 21団体 28名 23団体 27名 11団体 18名
主な参加部門
  • 企画系(企画経営課、企画財政課、総合政策課など)
  • 行政改革系(行政改革推進課、行政管理課など)
  • 管財系(管財課、財産管理課、財産活用課など)

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)