GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 自治体 >
  5. 特集 >
  6. 大量帳票印刷のアウトソーシングを支える MICJET MISALIO プリントサービス基盤

大量帳票印刷のアウトソーシングを支える MICJET MISALIO プリントサービス基盤

2015年3月2日掲載

電子自治体推進の中で、基幹事務システムのオープン化にあたり、帳票印刷環境の見直しを検討される自治体が増えています。また、運用コストを削減し、より正確な封入・配送を行うため、大量の帳票印刷をアウトソーシングする自治体も増えてきています。しかしながら、大量の印刷業務を外部にアウトソーシングする場合、プリントサービス事業者との打合せ等運用管理検討には多くの時間を要し、職員の方の事務作業負担も高くなるものです。

このたび、富士通では、「MICJET MISALIO住民情報ソリューション」(以下、MISALIO)のオプション製品として、安全・正確な帳票印刷アウトソーシングがすぐに始められる「プリントサービス基盤」を新たにご提供いたします。

なお、本オプション製品は、すでに20団体にご採用いただき運用予定です。

特長と機能

「プリントサービス基盤」は、MISALIOから出力する標準帳票の帳票印刷アウトソーシングを進めるうえで欠かせない「帳票の電子化」「アクセス・証跡管理」「帳票管理のセキュリティ対策」等の機能をワン・パッケージでご提供するものです。

住民向けに発行する納税通知書など自治体が出力する帳票は誤封入・誤配送が許されません。「プリントサービス基盤」は、人手による作業を極力排除してより正確な封入・配送を行うことができる機能を強化しています。

「プリントサービス基盤」を使用した帳票印刷アウトソーシングイメージ図

帳票印刷アウトソーシングを「かんたん」スタート

  • 帳票印刷アウトソーシングに関する作業項目やスケジュールなど運用手順を標準化しているので、プリントサービス事業者との打合せ工数が削減でき、職員の方の事務負担を軽減します。準備期間を短縮して、すぐに運用を始められます。

手作業を極力排除、「せいかく」な封入・配送を実現

  • 出力依頼に必要な書類は、帳票の電子化と同時に自動的に作成します。手書きによるケアレスミスを防ぎます。
  • MISALIOから出力する標準帳票には、「OMRバーマーク」(注1)「帳票品質管理番号」(注2)を印字します。これらの機能により、帳票の世帯名寄や各種検査(昇順検査、厚み検査など)の自動化を封入封緘機上で実現できます。手作業を徹底的に抑制することで、帳票の誤封入・誤配送を未然に防げます。
  • プリントセンター内での作業ミスを防ぐため、印刷テストページや仕分け用の団体識別ページなどの確認用帳票も印刷できます。

情報漏えいを防止する「あんしん」のセキュリティ性

  • 所属/職員の権限情報は、電子帳票管理システムに自動連携します。電子帳票の閲覧権限や操作範囲(印刷、削除、上書きなど)を制御することができるので、情報漏えい対策も万全です。

業務効率化に「かくじつ」に対応

  • MISALIOのオンライン画面から帳票管理画面を表示することができ、また、住民の方からの問い合わせ記録を帳票に紐付けて管理することができます。住民の方からの問い合わせにも、より迅速できめ細やかな対応をしていただけます。

(注1) OMRバーマーク :
封入封緘機で帳票の世帯名寄などを安全・正確に実施するために必要な光学式の読取マークのこと。「プリントサービス基盤」が対応する機器の詳細については、弊社まで別途お問い合わせください。

(注2) 帳票品質管理番号 :
プリントセンター内で帳票の品質検査を実施するために必要な管理番号のこと。OCR機器での読取精度を高めるため、JIS X9001「光学式文字認識のための字形(英数字)」規格に準拠しています。

お問い合わせ/資料請求

掲載された製品の価格、仕様、サービス内容などは掲載日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)