GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 自治体 >
  5. 特集 >
  6. 新地方公会計制度 改訂・基準の両モデルに対応 地方財政改革を支援する IPKNOWLEDGE(アイピーナレッジ)

新地方公会計制度 改訂・基準の両モデルに対応 地方財政改革を支援する IPKNOWLEDGE(アイピーナレッジ)

2011年8月12日更新 2009年8月13日掲載

新地方公会計制度導入の状況

地方公共団体の財政健全化が急務とされる中、総務省は2006年8月「地方公共団体における行政改革の更なる推進のための指針の策定について」において、全国の自治体に対し、より民間企業の会計制度に近い財務書類、すなわち「貸借対照表」「行政コスト計算書」「資金収支計算書」「純資産変動計算書」の整備を求めています。2009年度より、新地方公会計制度がいよいよ実行フェーズに移りました。

「新地方公会計制度実務研究会報告書」(以下、「報告書」と記載)では、都道府県及び人口3万人以上の都市は2008年度決算を2009年秋に、人口3万人未満の都市は2010年度決算を2011年秋に、財務4表または4表作成に必要な情報の開示を求めています。この作業が本番を迎える中、多くの自治体では財務書類作成と、その内容分析についての課題に直面しています。

IPKNOWLEDGEの新公会計制度への対応

求められているのは地方財政改革の流れを見据えた財務情報システム

富士通は、これまでに600以上の自治体の財務会計システム導入に取り組んでまいりました。その経験と実績を活かし、新地方公会計制度に対応した財務情報システムをご提供するのが富士通の役割であると考えています。

新地方公会計制度の目的は、財務書類を整備するだけでなく、その過程で収集された情報を有効活用することで、それぞれの自治体が目指す財政健全化を実現していくことです。財務情報システムには、こうした情報を収集するツールとしての役割が求められているのです。

総務省方式改訂モデルと基準モデルのいずれにも対応

総務省「新地方公会計制度実務研究会」では、2006年度に岡山県倉敷市様と静岡県浜松市様において、それぞれ「基準モデル」「総務省方式改訂モデル」(以下、「改訂モデル」と記載)の実証実験を行いました。2009年秋の財務書類公表では、多くの自治体が、「改訂モデル」を、また一部の自治体は「基準モデル」での公表を実施しました。

富士通は、2008年4月、先進自治体での実績をもとにした改訂モデルパッケージの発売を開始しました。また2010年2月には、中堅地方都市での開発実績をフィードバックした基準モデルパッケージの販売を開始しました。現在、80団体を超える自治体のお客様に採用いただいております。

改訂モデルと基準モデルの違い
区分/モデル 改訂モデル 基準モデル
基本的な考え方・特徴
  • 公有財産状況や取引状況は発生主義によらず、既存の決算統計情報を基にした財務書類の作成を認める。
  • 基準モデルに比べ、開始貸借対照表の作成が容易な反面、資産情報の精緻さが低い。(発生主義の段階的導入が前提)
  • 民間企業会計の考え方と会計実務を基に資産負債管理を行い、フロー・ストック情報を網羅的に公正価値で把握する。
  • 財務書類の作成は個々の取引情報を発生主義により発生の都度(または期末一括)複式記帳により行う。
固定資産の範囲
  • 当初は普通建設事業費の積上(つみあげ)で計上する。
  • 売却可能資産から段階的に整備。
  • すべての固定資産を対象とする。
固定資産の算定
  • 売却可能資産については時価評価を行う。
  • 現存する全ての固定資産を公正価値により評価する。
導入時の負荷
  • 段階的整備のため、継続的に負荷がかかる。
  • 固定資産情報整備・仕訳情報整備など、導入当初に負荷がかかる。開始後は順次減少する。

改訂モデルから基準モデルへの円滑な移行

改訂モデルを導入後、基準モデルへの移行をみすえ、富士通では改訂モデルから、基準モデルへの移行が、より円滑に行われるよう、各種オプション製品をご用意しています。これにより、改訂モデルから基準モデルへの移行における職員様の負担を最小限に抑えることが可能となります。

改訂モデル対応版 基準モデル対応版

IPKNOWLEDGEのラインナップから選ぶ

改訂モデル対応版 基準モデル対応版

お問い合わせ/資料請求

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)