GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 自治体 >
  5. イベント・セミナー >
  6. 第20回 自治体合同研究会 開催レポート

第20回 自治体合同研究会 開催レポート

2010年2月4日(木曜日)、汐留シティセンターにて「第20回 自治体合同研究会」を開催しました。

当日は、全国の地方自治体様約60名の方にご参加いただき、講演者の方も交え実践事例を中心に、活発な情報交換が行われました。

開催レポート

開会ご挨拶

富士通株式会社 自治体ソリューション事業本部長
執行役員 石川 享


千葉県 総務部 副参事 電子自治体推進室長 土岐健文様

千葉県様
電子調達共同利用への取り組み事例

県と市町村共同利用のSaaS型電子調達サービス稼動に向け、協議会での市町村の取りまとめや契約についてのご苦労話などをお話しいただきました。

夕張市 総務課 総務グループ(情報管理担当) 主幹 佐藤喜樹様

夕張市様
基幹業務システム導入事例

夕張市様からは、経費削減に向けたSaaS型基幹システムの導入事例をお話しいただきました。


富士通株式会社 TRIOLEビジネス推進本部 本部長 前多克英

クラウド時代に向けた仮想化
フロント基盤アプローチ

仮想化技術を用いたサーバ統合の計画が多い中、検討不十分によりトラブルに発展するケースが少なくありません。サーバ統合とフロント基盤への取り組みに際して留意すべきポイントをご紹介させていただきました。

富士通株式会社 自治体ソリューション事業本部 ソリューション推進部 天野隆興

自治体におけるクラウドソリューション

クラウドコンピューティングの定義、主なサービス利用形態等のご紹介に加え、自治体でご採用いただいている当社の先進事例をご紹介させていただきました。


富士通株式会社 自治体ソリューション事業本部 第4ビジネス部 野口直昭

健康アシストシステム
『がんばれ!元気くん』ご紹介

携帯電話を活用した特定保健指導(メタボ対策)支援システムを採用頂いた自治体事例を中心に、製品のご紹介をさせていただきました。

  • 【特集】 特定保健指導支援システム ~健康アシストシステム がんばれ!元気くん~

デモ展示

会場内には富士通の最新ソリューションのデモンストレーションコーナーを併設し、多くの方に関心をお寄せいただきました。

開催概要

日時 【研究会】
2010年2月4日(木曜日)
13時30分~17時(受付開始12時30分)
場所 富士通株式会社 汐留本社 24階
東京都港区東新橋1-5-2(汐留シティセンター) 地図
主催 富士通株式会社
対象 地方自治体の職員様

プログラム

2月4日(木曜日)

時間 内容
13時30分~17時
(受付開始12時30分)
事例講演 【千葉県様 電子調達共同利用への取り組み事例】
「千葉県における次期電子調達システムと業務プロセスの見直し」
情報提供 「クラウド時代に向けた仮想化、フロント基盤アプローチ」 富士通株式会社
情報提供 「自治体におけるクラウドソリューション」 富士通株式会社
休憩 【展示デモ】(INTERCOMMUNITY21サロン)
  • 職員元気サポートソリューション
  • 住民情報ソリューション
  • 特定保健指導支援システム ~健康アシストシステム がんばれ!元気くん~
  • 重要データの安全な社外持ち出しを実現する安全USBメモリソリューション
事例講演 【夕張市様 基幹業務システム導入事例】
「SaaS型基幹システムの導入について」
情報提供 「特定保健指導支援システム『健康アシストシステム がんばれ!元気くん』ご紹介」 富士通株式会社

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)