GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 自治体 >
  5. イベント・セミナー >
  6. 富士通フォーラム2016 東京 出展レポート

富士通フォーラム2016 東京 出展レポート

2016年5月19日(木曜日)、20日(金曜日)、東京国際フォーラム(有楽町)にて「富士通フォーラム2016」が開催されました。自治体様向けソリューションも出展し、セミナー、展示ブース共に多数ご来場いただきました。当日の様子を写真でご紹介します。

セミナー

オープンデータ利活用による地方創生の実現
‐ 地域特性の見える化による地域課題解決へのアプローチ ‐

セミナーの様子地方創生の実現には、地域が自律的にそれぞれの特性を活かした社会をつくることが求められています。各地域の現状や特性を見える化し、データに基づいた戦略策定の方法をご紹介しました。

総務省 情報流通行政局 情報流通振興課 課長補佐 梶原 亮 氏の写真総務省
情報流通行政局
情報流通振興課
課長補佐
梶原 亮 氏

株式会社富士通研究所 R&D戦略本部 環境科学技術PJ プロジェクトディレクター 田中 努の写真株式会社富士通研究所
R&D戦略本部
環境科学技術PJ
プロジェクトディレクター
田中 努

クラウドを活用した社会インフラ長寿命化の実現に向けて
‐ 宮城県市町村社会資本トータルマネジメントシステム ‐

セミナーの様子地方自治体では、限られたリソースの中での社会インフラの維持管理業務が課題になっています。宮城県下の市町村での社会インフラ管理を目的に構築したマネジメントシステムの導入経緯と構築上のポイント、さらに中長期的に検討している公共施設等のファシリティ管理との統合構想等についてご紹介しました。

公益社団法人 宮城県建設センター 総務課長 千葉 輝明 氏の写真公益社団法人
宮城県建設センター
総務課長
千葉 輝明 氏

公益社団法人 宮城県建設センター 計画管理課 小関 昌平 氏の写真公益社団法人
宮城県建設センター
計画管理課
小関 昌平 氏

オープンデータ利活用による地域課題の解決策を考えよう
‐ 地域特性の見える化ツール「EvaCva」 ‐

セミナーの様子オープンデータを使い地域特性を見える化するツール『EvaCva(エヴァシーヴァ)』を使い、自治体特性のグラフ化、類似自治体の抽出や比較などの操作を実際に体験していただきました。

富士通エフ・オー・エム株式会社 ソリューションビジネス本部 ビジネス推進部 担当課長 北谷 親司の写真富士通エフ・オー・エム株式会社
ソリューションビジネス本部
ビジネス推進部
担当課長
北谷 親司

富士通エフ・オー・エム株式会社 ソリューションビジネス本部 ビジネス推進部 今井 智香の写真富士通エフ・オー・エム株式会社
ソリューションビジネス本部
ビジネス推進部
今井 智香

株式会社富士通研究所 R&D戦略本部 環境科学技術PJ 主管研究員 塩田 哲義の写真株式会社富士通研究所
R&D戦略本部
環境科学技術PJ
主管研究員
塩田 哲義

 

会場の様子

会場の様子会場の様子

会場の様子会場の様子

イベント全体の開催概要はこちらでご覧ください。

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)