GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. サービス >
  3. 業種/業務 >
  4. 自治体 >
  5. イベント・セミナー >
  6. 富士通フォーラム2013 東京 自治体ソリューション出展のご案内

富士通フォーラム2013 東京 自治体ソリューション出展のご案内

Fujitsu Forum 2013 Reshaping ICT, Reshaping Business and Society 【日時】2013年5月16日(木曜日)・17日(金曜日)10時から18時 【場所】東京国際フォーラム(有楽町) 【事前申込制・入場無料】 FUJITSUファミリ会共催

本イベントは終了しました。

富士通が主催するものとして最大のイベントである「富士通フォーラム」。
「Reshaping ICT, Reshaping Business and Society」をテーマとして、より良い社会づくりや地域が抱える課題解決への取り組み、お客様ビジネスの成長・変革を支えるICT利活用、それを支える最先端のプロダクトやサービス、テクノロジーについて、セミナーと展示デモでご紹介します。
自治体ソリューションにおきましても関連のセミナーおよび展示デモを出展いたします。この機会にぜひご来場いただきますようお願い申し上げます。

自治体関連セミナー

各セミナーのタイトルをクリックすると、富士通フォーラム2013のWebサイトで詳細情報を閲覧できます。

5月16日(木曜日)

5月16日(木曜日)
S12-01 11時20分~12時10分
自治体におけるマイナンバーへの対応と当社の取り組み
富士通株式株式会社 自治体ソリューション推進部 シニアエキスパート 八木橋 亮雄
S13-01 12時50分~13時40分
ICTで地域をつなぐフルーツクラウド構想
みんなのデータを活かした有田みかんづくりへの挑戦

和歌山県果樹試験場 栽培部 部長 宮本 久美 氏
S13-02 12時50分~13時40分
クラウドを活用した高齢化社会での地域包括ケア推進
高齢者が安心して暮らせる地域社会を目指して

京都府 健康福祉部 高齢者支援課 地域包括ケア担当課長 髙野 憲一 氏
S14-01 14時40分~15時30分
地域経済活性化に向けた「三方よし」の国づくり
滋賀銀行の地域協働によるブランドづくり活動

株式会社滋賀銀行 営業統括部 法人推進グループ 次長 福井 幹夫 氏
S14-02 14時40分~15時30分
新次元の防災都市づくりを目指して
仙台市の震災との闘いとその現状

宮城県仙台市 復興事業局震災復興室 室長 梅内 淳 氏

5月17日(金曜日)

5月17日(金曜日)
S23-02 12時50分~13時40分
未来につなぐ復興への想い
共に乗り越えよう、私たちの暮らしの再生に向けて

福島県浪江町 町長 馬場 有 氏
S23-04 12時50分~13時40分
スマートデバイスを活用した健康増進の取り組み
大田原市における活用事例を交えて

栃木県大田原市長 津久井 富雄 氏
富士通株式会社 ユビキタスサービス事業本部 コンシューマビジネス統括部 部長 木戸 利治

自治体関連展示デモ

各展示デモのタイトルをクリックすると、富士通フォーラム2013のWebサイトで詳細情報を閲覧できます。

ソーシャルイノベーション

  • オープンデータを活用した観光クラウド(参考出展)
    観光情報等のオープンデータを活用した地域の観光情報連携サービスです。車での周遊計画を支援するWebルートガイドなど地域の観光情報サービスを複合的に連携することで地域の埋もれた魅力の発見につなげます。
  • 食の未来へICTで貢献
    生産者・流通業・自治体・団体・消費者をバリューチェーンでつなぎ、企業的農業経営の支援、生産物の品質管理・供給量調整等、各々の方々へ新しい価値をご提供するクラウドサービスをご紹介します。
  • 地域医療ネットワーク
    「人と人との架け橋」として、地域が一体となり、住民の健康・医療・介護を支え合う社会を実現する、地域医療ネットワーク「HumanBridge EHR ソリューション」をご紹介します。
  • 地域住民の健康の見える化
    本展示デモでは富士通のクラウドサービスを活用した一例として、地域スポーツ施設が提供する「健康サービス事業」による、地域住民の健康情報の見える化をご紹介します。
  • 在宅医療現場から生まれた高齢者ケアクラウドサービス
    在宅医療は今後の超高齢社会において、高齢者の生活を支える医療インフラとして期待されています。本展示デモでは在宅医療における医師、スタッフ、多職種間連携を支えるサービスについてご紹介します。
  • 身近な銀行で利用できる行政サービス(参考出展)
    銀行店舗に交付機を設置し、住基カード(将来は共通番号カード)やキャッシュカードで公的証明書を取得する様子を実演します。また、被災時の各種申請・証明書交付などのユースケース案をご紹介します。
  • スマートフォンによる消費喚起型周遊モデル(参考出展)
    滋賀県における着地型観光ビジネス推進のご紹介と、スマートフォンを活用したデモを実施します。滋賀銀行様事例のセミナーと併せて、地域起点での観光振興による消費喚起モデルをご紹介します。

ICTの力

  • 富士通の復興支援に向けた取り組み
    東日本大震災の復興支援活動を通じて見出してきた課題解から、今後、日本のみならず全世界で直面するであろう社会課題への解決策となりうる取り組みを事例を中心にパネル展示でご紹介します。
  • 微小粒子状物質(PM2.5)への対応
    これまでの大気汚染監視のノウハウを元に、PM2.5の自動濃度測定・成分分析と環境情報監視システムのワンストップソリューションをご紹介します。

(注)上記内容は予告なく変更となる場合があります。予めご了承ください。最新情報は富士通フォーラム2013のWebサイトでご確認ください。

(注)記載されている会社名および製品名などは、各社の登録商標または商標です。

自治体ソリューションご導入に関するお問い合わせ・ご相談

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)