富士通の提案する新しい水産業 FUJITSU Fishtech®

乱獲や環境破壊により水産資源が失われ、世界的に水産業の在り方が見直される中、富士通はFishtechというコンセプトの元、水産業への新しい取り組みを始めています。今回は、その実証の場として養殖管理システムをご利用いただいている北海道神恵内村での取り組みの一端をご紹介します。

FUJITSU Fishtech®FUJITSU Fishtech®

ICTで進化する水産業、「Fishtech®」に込める想い

ここ40年で世界の水産資源の約半分が乱獲や環境破壊によって失われたと言われ、世界的に水産業の在り方が見直されています。
富士通は、経営・生産・品質の3つの見える化を目指し、2012年から農業向けシステムを先行して提供し、一次産業分野のソフトウェア・サービスの経験を積んできました。

水産業においても、漁協システム、集散地の場内物流など、複数のサービスを提供しており、持続可能性という視点からテクノロジーによる高度化が強く求められている水産業に対し、2018年より新たに「Fishtech®」というコンセプトを掲げ企業活動を加速させています。

水産業のサプライチェーンは、養殖・漁業、加工・流通、小売・外食という流れでできており、環境にやさしい水産業であることを証明する、国際認証・トレーサビリティも重視されています。
富士通はお客様とともに、これら全体をICTのテクノロジーでサポートしていきます。

  • 「Fishtech®」は富士通の登録商標です。

水産業のサプライチェーン全体をサポート

実証フィールド、北海道神恵内村の現状

神恵内村は、積丹半島の西側に位置する北海道で2番目に人口が少ない村です(人口858人2019年1月31日時点)。
近隣地域とともに地域商社として新たな事業創発に取り組んでおり、その中核を担う企画が、ウニ・ナマコの養殖事業でした。

ウニ・ナマコは神恵内村の主要特産物のひとつであり、ニセコをはじめとするインバウンド観光のための通年供給や、中国への海外輸出などで需要が高まっています。
しかし近年、漁獲量が減少し、漁業従事者の高齢化も相まって生産性の低下が課題となっていました。
天然資源の漁獲のみであったウニ・ナマコに、養殖という選択肢を加えることで、通年出荷を可能にし原料の安定供給をはかります。

神恵内村を支える、富士通の養殖管理システム

この事業の要となるのが、富士通が提供する養殖管理システム「Fishtech養殖管理」です。
各種センサー・カメラとIoT連携することでリアルタイムモニタリングを実現しており、出荷・給餌などの作業入力、アラート通知といった機能を備えたWebアプリケーションです。養殖事業の高度化・効率化を追求し、AIなどの機能追加を前提に運用を開始しています。
また、こだわりのデザインによって、地域のコミュニケーションツール、情報のオープン性による食の安全の保証、生産者自身が生産物をアピールする広報資材といった、地域振興に役立つ新たな価値を生み出し、6次産業化による地域全体の活性化に貢献します。

業務管理を超えて、地域振興の核となるデジタルコンテンツ「Fishtech養殖管理」

日本、そして世界の水産養殖に貢献する

富士通は、ウニ・ナマコの陸上養殖事業を通じて、神恵内村の地域振興をご支援いたします。
日本における養殖事業は、ICT化の急成長期であると同時に、国の存続を担う食糧安全保障であり、文化の一角を占める重要な産業です。
富士通はICTのリーディングカンパニーとして、お客様と共に先進的な養殖の未来像を描き、日本の、世界の水産養殖を盛り上げていきます。

先進テクノロジーを活用した、新しい水産養殖「Fishtech養殖管理 プロトタイプ」

ページの先頭へ