ICTで進化する水産業
FUJITSU Fishtech®

- 安心・安全を支える、新しい養殖管理システム -

乱獲や環境破壊により水産資源が失われ、世界的に水産業の在り方が見直される中、富士通はFishtechというコンセプトの元、水産業への新しい取り組みを始めています。今回は、その実証の場として養殖管理システムをご利用いただいている北海道神恵内村での取り組みの一端をご紹介します。

ICTで進化する水産業、「Fishtech®」に込める想い

ここ40年で世界の水産資源の約半分が乱獲や環境破壊によって失われたと言われ、世界的に水産業の在り方が見直されています。
富士通は、経営・生産・品質の3つの見える化を目指し、2012年から農業向けシステムを先行して提供し、一次産業分野のソフトウェア・サービスの経験を積んできました。

水産業においても、漁協システム、集散地の場内物流など、複数のサービスを提供しており、持続可能性という視点からテクノロジーによる高度化が強く求められている水産業に対し、2018年より新たに「Fishtech®」というコンセプトを掲げ企業活動を加速させています。

水産業のサプライチェーンは、養殖・漁業、加工・流通、小売・外食という流れでできており、環境にやさしい水産業であることを証明する、国際認証・トレーサビリティも重視されています。
富士通はお客様とともに、これら全体をICTのテクノロジーでサポートしていきます。

  • 「Fishtech®」は富士通の登録商標です。

水産業のサプライチェーン全体をサポート

Fishtech®養殖管理

安心・安全を支える、新しい養殖管理システム

Fishtech®養殖管理は、養殖の高度化を支える生産者向けシステムです。こだわりのデザインによって、業務管理の役割を超えた新しい価値を提供します。

センサー・カメラとIoT連携
マルチデバイス対応
作業票を用いた業務管理
トレーサビリティ管理
スマート分析
AI機械学習の拡張機能

生け簀をまるごと把握する

センサーとカメラをIoT化することにより、遠隔からの状態把握が可能です。生き物ごとに適した水質管理ができるため、複数種を同じ水槽で管理することもできます。

  • 複合養殖に対応します。特許出願中。

安心・安全のための生産管理

すべての作業実績・測定記録はクラウド上に保存され、養殖魚の生育履歴をトレースすることが出来ます。作業実績を見える化することにより、担当間での作業分担も容易になります。

どこにいても、だれにでも使える

PCからスマートフォンまで、どんなデバイスでも操作感は変わりません。文字の読みやすさ、表示の分かりやすさに配慮し、老若男女だれでも養殖に従事することが出来ます。

北海道神恵内村のウニ・ナマコ養殖

神恵内村は、積丹半島の西側に位置する北海道で2番目に人口が少ない村です(2019年1月時点)。江戸時代から栄えた漁業も、漁獲量の低下や跡継ぎ不足により衰退を余儀なくされています。自治体、地場企業、富士通が協業し、Fishtech®養殖管理を導入。特産物であるウニ・ナマコ陸上養殖の実証実験が、2019年春から本格的に開始されました。

「Fishtech®養殖管理」 神恵内村バージョン

地域の特産物を守る

天然資源の漁獲のみであったウニ・ナマコに養殖という選択肢を加えることで、通年出荷を可能にし、原料の安定供給をはかります。
ひとつの水槽内でウニ・ナマコを同時飼育する複合養殖にトライしています。

働き方改革をサポート

村の持つ育成技術やノウハウをメニュー化し、最少手番で作業を記録できるようになりました。作業実績をシェアすることにより、属人化を避け作業分担を可能にしています。村の雇用拡大にも貢献します。

ブランド価値向上に活躍

管理業務を超えて、広報ツールとしての役割も果たします。水産物のライブ映像や、在庫、水質状態、日々の作業内容を、地域の生産者自身の手で、魅力的に伝えることができます。

日本、そして世界の水産養殖に貢献する

富士通は、ウニ・ナマコの陸上養殖事業を通じて、神恵内村の地域振興をご支援いたします。
日本における養殖事業は、ICT化の急成長期であると同時に、国の存続を担う食糧安全保障であり、文化の一角を占める重要な産業です。
富士通はICTのリーディングカンパニーとして、お客様と共に先進的な養殖の未来像を描き、日本の、世界の水産養殖を盛り上げていきます。

神恵内村の記事

持続可能な水産業のために

北海道神恵内村のウニ・ナマコを世界へ ~ICTで進化する陸上養殖~(前編)

小さな村が生きる新しい道

北海道神恵内村のウニ・ナマコを世界へ ~ICTで進化する陸上養殖~(後編)

関連サービス

水産業・養殖業の抱える問題解決の手助けとなる富士通のソリューションをご紹介します。

国際認証・トレーサビリティ
アセスメントガイド運用支援システム

HACCPや水産系国際認証などで必要なる記録や管理作業を効率化します。
タブレットを使用し、現場の活動を効率化し情報の収集・蓄積をクラウドサービスによって実現します。

  • MSC/ASC/MEL/AEL/各種CoC認証を想定

漁業
漁協様向け経済事業支援システム

漁協経済事業支援システムは漁協・漁連様の経済事業業務を一元管理出来るトータル情報システムです。
情報処理のリアルタイム化を実現し、組合の運営効率化と安定経営を支援いたします。

ページの先頭へ