ロケーション活用の
業務支援ソリューション

現場で作業する人やモノの位置情報を高精度・リアルタイムに把握することで、動線の可視化が実現できます。
取得した位置情報から、導線を分析することで業務効率化ができます。

高精度に測位できる位置情報

「高精度リアルタイム測位」は、スタッフ、顧客、物の位置を、高い測位精度(最小誤差30㎝)でリアルタイムに把握することができます。

  • (注1)
    位置情報は、機材の設置条件によって影響を受けることがあります。

主な活用シーン

  • 建設現場

    狭い作業場所での効率的な車両移動や警備員への人の誘導。

    狭い通路やトンネルなど、視認性の高くない場所で車両や資材の位置を可視化することで、車両の切り返しを減らし、事故を防止します

  • 製造工場 (電機・自動車など)

    人の位置をリアルタイムで把握し、業務を最適化

    作業員が手順書通りに作業ポイントを移動するか、作業順のチェックを行い、業務の効率化やトラブルを防止します。

  • 製造工場 (化学など)

    危険な場所への立ち入りを即座に把握

    作業員の位置がわかるので、立ち入り禁止エリアへの侵入を把握できます。

利用イメージ

お問い合わせ

Webでのお問い合わせ

  • 入力フォーム

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ