Skip to main content

Fujitsu

Japan

仮想開発環境構築

概要

仮想開発環境とは、仮想的な部品を組み合わせて構築し、試作機同様にOSブートできる仮想ボードです。PC/サーバ上で利用可能で、試作機を用いずに組込みソフトウェアの検証が可能となる、仮想開発環境を構築します。

仮想開発環境のしくみ

課題

従来では多数の試作機を使ったソフト試験が主流でした。そのため、試作機の作成コストがかさむ、試作機入手までソフト試験ができない、という問題があり、開発コスト削減のためには試作機に強く依存したソフト試験からの脱却が不可欠でした。

富士通の取り組み

仮想的な部品を組合わせて、試作機同様にOSブートできる仮想ボードをPC/サーバ上に構築し、検証用に準備する試作機数を削減しました。

特長

お客様の要望に合わせて仮想環境を構築

  • 既に準備されている部品については、速やかに構築可能
  • 最新部品や、お客様で開発したハードウェア部品なども仮想化対応

仮想環境の運用で発生する問題を支援

  • 仮想開発環境を運用するPC/サーバのセットアップ支援や、運用操作などの技術講座により支援
  • 仮想開発環境を使ったソフトウェア検証で発生する問題点や不具合などの調査を支援

産業ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)