Skip to main content

Fujitsu

Japan

構造シミュレーション

概要

お客様の装置設計、プリント板設計、デバイス設計などのデータを元にして、信頼性の高い、ローコストな設計を構造解析でサポートします。

構造シミュレーション

課題

  • 設計上流で現実に近い条件のシミュレーションを実施することで、設計問題を早期に洗い出し、早期に設計品質を向上させることで、開発期間の短縮と開発費用の削減を実現したい。

富士通の取り組み

  • 富士通では長年にわたり製品開発にシミュレーション技術を適用し、製品品質の向上と開発効率化に取り組んできました。
  • 曲げ解析等、実製品評価と同じ条件で構造シミュレーションを実施し、また、防水パッキンの面圧予測による防水性評価等、富士通製品の特長となる機能の品質確保を実現してきました。

特長

  • 長年積み上げてきたノウハウにより、高精度なシミュレーションを行います。
  • 設計上流から量産に至るまで、信頼性/製造性/コストの観点から、優先度を考慮しつつ、バランスのとれた改善を提案します。
  • 基板反り解析では、リフロー時の反りによる半田接合部の未接続・ショートなどを低減します。
  • 反り抑制の観点から見た、「部品レイアウト/パターン配線の改善案」を提案します。
  • 不良原因の追及を早急に実施し、開発期間の短縮に貢献します。

産業ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)