Skip to main content

Fujitsu

Japan

製造性・生産ライン評価

概要

お客様からの3Dデータを基に、VPSでのレビュー用のアニメーションデータの作成支援を行い、設計~製造性の改善を提案します。また、GP4のデータ作成支援を行い、製造ラインの改善提案を行います。

検証イメージ

課題

試作(現物)での設計検証及び組立性評価のため、開発の手戻りによる開発期間の長期化、試作費用の増大、量産後の設計変更などによる仕損費が増加している。

富士通の取り組み

富士通ではものをつくらないものづくりをコンセプトに、バーチャルプロダクト、バーチャルファクトリとして、3Dデータを基に検証するシステムVPSやGP4を活用し、開発と生産準備のコンカレント化を図り、開発期間及び生産準備期間の短縮および設計品質の向上を取り組んでいます。

特長

仮想環境での検証・評価により

  • 設計検証による開発の手戻り削減
  • 組立性評価(DFM)によるローコスト設計
  • 組立て順序、ライン検討による生産準備のフロントローディング

産業ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)