Skip to main content

Fujitsu

Japan

部品情報DBの構築・運用

概要

お客様の部品情報を管理するDBをクラウドで提供することにより、部品ライフサイクル情報の共有化や、標準化による部品集約をサポートします。

部品情報DBの構築・運用

課題

  • 電子部品情報が部門間でバラバラに管理されており、EOL(End of Life)などの部品ライフサイクル情報が共有できていない。

富士通の取り組み

  • 富士通では約17万点の部品情報を格納。部品ライフサイクル情報より標準部品を2万点に集約することで部品の標準化を推進。

特長

  • 富士通で長年培った部品情報管理の仕組みを提供
  • 設計部門、品質部門、調達部門、製造部門など、それぞれが活用したいデータを一元管理
  • データシート、環境情報などのエビデンスの格納、共有
  • BCM(Business Continuity Management)に配慮した遠隔地バックアップ
  • EOL情報などの部門間共有による調達リスクの回避
  • 標準化による部品集約に基づいたコストダウン促進
  • 部品調査、選定に関わる部門間重複工数の削減

産業ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)