Skip to main content

Fujitsu

Japan

電子部品/モジュールの信頼性評価

概要

富士通製品に搭載される電子部品/モジュールの信頼性評価/故障解析の経験によって培われた技術とノウハウをもとに、信頼性評価サービスを提供します。

例)良品解析による不具合

環境試験で電気的には不良は無かったが、良品解析でクラックを検出

良品解析による不具合 環境試験で電気的には不良は無かったが、良品解析でクラックを検出

課題

  • 設備/工数/ノウハウが不足しており、信頼性評価の実施が困難
  • 製品の採用および出荷に当たり、第三者検証の実施を希望
  • 電気的特性の評価は実施しているが、経年劣化による品質問題の検出は手付かず

富士通の取り組み

  • 信頼性を評価するための専門スタッフを配置
  • 評価試験設備の充実
  • 環境試験、寿命試験により品質規格への適合性を判断
  • 温度/振動などの限界試験を実施
  • 評価精度を上げるために良品解析(部品の内部検査)を実施
  • 電源モジュールの回路図検証により、故障発生リスクを抽出・改善

特長

  • 多彩な試験装置、品質のスペシャリストをお客様で確保することなく、手軽に利用可能
  • ご要望の試験条件/試験規格での実施だけでなく、お客様に最適な試験条件/方法の提案も可能
  • 各種試験で電子部品/モジュールなどの問題を発見した場合、可能な限り原因を推定して問題点への対策を提案
  • 良品解析による寿命推定/障害率の予測により、フィールドでのトラブルの未然防止が可能
  • 中国拠点スタッフ活用により、中国企業の品質評価を迅速に実施

産業ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)