Skip to main content

Fujitsu

Japan

3Dプリンタによる試作造形

概要

試作品の造形サービスです。お客様から頂いたポンチ絵・2Dデータを基に3Dデータを作成したり、3Dプリンタを活用した開発プロセス効率化のコンサルなども オプションで対応いたします。

お客様の想定課題

試作評価用の部品は、切削、簡易金型などによる製造を行っており、製造リードタイムが長い、費用が高いなどの課題があります。

特長

ものづくりソリューションサービスでの3Dプリンタによる試作サービスでは、自社開発でのノウハウをベースに、3Dデータ作成・修正から開発プロセスの中での3Dプリンタの有効利用のコンサルまで、幅広く3Dプリンタに関するソリューションメニューを用意しております。

  • 造形サイズ Max 490×390×200mm
    (フットプリント:A3サイズ強)
  • 造形精度 Z軸 16μm(0.016mm)
  • 造形可能材料 アクリル系UV硬化樹脂
  • 2種類ハイブリッド造形
    • 透明・半透明・混色
    • 硬度違う2種材料造形
  • 短納期 3Dデータ受領から2営業日で発送
  • 3Dデータ作成・修正サービス(オプション)
  • 3Dプリンタを活用した開発プロセス効率化のコンサル(オプション)

お問い合わせはこちら

入力フォーム 当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口) 受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)