Skip to main content

Fujitsu

Japan

組込みソフトウェア開発支援

概要

組込みソフトウェア開発特有の業務課題を見える化し、富士通のノウハウを活用し、開発の業務革新をご支援します。

PDCAサイクル

課題

  • ハードウェアの制御など、組込みソフトウェアの専門的な知識が属人化しているため、属人化させない開発プロセスや人材育成していくことが課題
  • 開発プロセスや品質/進捗情報の管理が担当者任せになり、正確な品質や進捗が図れないため、開発プロセスや承認プロセスの枠組みの導入が必要
  • 製品仕様、ハード仕様が決まらないが、その中での品質の作り込みが必要

富士通の取り組み

PMBOKやCMMIをベースにお客様のスタイルに合わせた開発プロセス改善を、段階的に導入し、定着させてきました。
また、QCD向上のために、富士通の製品開発で培った組込みOSのノウハウや仮想開発環境の構築、装置検証のツール開発など、開発に必要なサービスを組合わせて施策を実施します。

特長

  • 富士通の製品開発ノウハウをベースに施策を提案し、提案だけでなく、お客さまと一体となって、施策を実施
  • 施策をチェックし、必要に応じて修正することにより、より効果的な施策を提案・実施
  • 段階適用をすることで、適用の障壁を低減

産業ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)