Skip to main content

Fujitsu

Japan

FTCP S3D Simulator 概要


三次元データを立体視で表示するシステム
3Dプロジェクターなどに投影し複数でのVDRが可能

製造業では、ものづくり現場における設計デザインレビューに効率や品質向上を目的として、一般的にVDR(Virtual Design Review)を適用しています。

VDRに、3Dデータを立体視できるディスプレイを適用する事で、試作品があたかも目の前にあるような状態で検証することができます。

実機と近い立体感で関係者との意識合わせを容易にします。立体視の為にデータを加工する必要はありません。

FTCP S3D Simulatorは一つのソフトとデータで、様々な用途に活用できます

よりわかりやすく伝える。さらなるQCD改善と、顧客への新たな体験の場を提供

よりわかりやすく伝える。さらなるQCD改善と、顧客への新たな体験の場を提供

見たつもり、確認したつもりを防ぐ

見たつもり、確認したつもりを防ぐ