Skip to main content

Fujitsu

Japan

FTCP S3D Simulator 特長・主な機能

三次元データを立体視で表示するシステムです。ひとつのシステムでディスプレイやプロジェクタに対応


特長

  • 立体視対応
    • フレームシーケンシャル方式
  • 実機と近い感覚で関係者との意識合わせを容易にします。立体視の為にデータを加工する必要はありません。
  • 奥行きや段差の視認性に優れている

ケーブルやネジへのアクセス性を確認するには…

通常視:くるくる回して、複数の方向から見て理解する
立体視:一目でわかる(回す必要はない)

ケーブルやネジへのアクセス性を確認するには…
通常視の3D-CADやDigital Mockupではわかりにくい例


主な特徴

主な機能

基本機能

  • 計測
    立体視状態で、任意の部品の2点を指定して距離を計測

計測

断面

  • 立体視表示状態で、任意面からの断面表示が可能

断面

部品表示状態変更

  • VPSと同様な、部品に対する表示・非表示や半透明の切り替えが可能

部品表示状態変更

立体視対応3Dユーザインターフェース

  • 立体表示時に使用できる3Dメニューでビュー操作や検証機能を実行

立体視対応3Dユーザインターフェース

高機能レンダリング

  • 影・陰影の強調
    従来のシェーディング表示に加え、影の表示や陰影を強調した表示モードを追加

高機能レンダリング

立体感を感じる上で重要な影・陰影表現を拡張