GTM-MML4VXJ
Skip to main content

PLEMIA SQ-Tracer 導入事例

PLEMIA SQ-Tracerの導入事例をご紹介します。

導入事例富士通PLMの導入事例もご紹介しています。


ツール適用事例

導入の背景

お客様では、自動車分野向け機能安全規格「ISO26262」への対応を得意先様から求められ、数年かけて開発プロセスや設計文書の雛形を作成されていました。
自社で規定した開発プロセスを設計現場部門に展開でき、かつ、設計現場部門の作業負荷を低減できるツールを検討し、以下の3つの理由により、PLEMIA SQ-Tracerの導入を決定いただきました。

  • 機能安全規格で要求されるプロセス管理や技術文書管理・設計トレーサビリティ管理など、多くの要求項目が標準機能に搭載されている
  • 自社で規定した開発プロセス標準を、ツール上にテンプレート化することができ、設計現場部門に容易に展開できる
  • 設計書など既存の文書を変更なくそのまま扱え、直感的な操作が可能であることから、従来の手動での開発管理業務から負荷低減を見込める

海外分散開発でご活用いただいています

  • 各拠点、部門ごとに設計文書を保管していたが、PLEMIA SQ-Tracer上に集約して保管。
  • 機能安全対応で必要となった安全要件書などは日本の機能安全推進グループで雛形を策定し海外拠点にも雛形と記述ルールを展開して運用。

導入イメージ

img_feature0301

導入スケジュール

PLEMIA SQ-Tracerは短期間で運用までの立上げが可能です。最短1ヶ月程度で導入・セットアップとトレーニングが完了します。

img_feature0302