GTM-MML4VXJ
Skip to main content

PLEMIA DataEngineeringTry&ThinkSystem 特長・主な機能


製品概要(1)

データ管理・共有

Windows エクスプローラに近い操作で整理・整頓も楽々!改版通知も届きます。

データ管理・共有のイメージ

ドキュメントワークスペース(DWS)

ファイル種類を問わず関連するファイルをまとめて整理でき、作業者の"試す"、"考える" 過程を管理できます。

ドキュメントワークスペースのイメージ

検索

多彩な検索機能であらゆるドキュメントを瞬時に検索できます。プロパティやコメントだけでなく、CADデータ(注1)やOfficeファイル内の文字情報も一括検索可能です。

全文検索対象ファイル

Microsoft Officeファイル(Word,Excel,PowerPoint)
テキストファイル、XMLファイル
富士通CADデータ(iCAD SX, iCAD MX)

イメージ画像

(注1)iCAD SX および iCAD MX 対応

  • arrow-next

製品概要(2)

データ管理

データベースレス、ノンカスタマイズでシンプルな管理構造のため、導入したその日から活用できます。

管理構造イメージ
  • ストックエリア
    PDM等への登録待ち(検図後)図面やモデル、技術関連情報が保管されるエリア
  • シェアエリア
    プロジェクト等のメンバーに公開可能な情報や共有したい情報を保存するエリア
  • パーソナルエリア
    他ユーザからは見ることのできない、個人用ワークエリア
ワークフロー画面イメージ

ワークフロー機能(簡易版)、版数管理

承認依頼、承認(却下)、正式領域へのファイル移動機能を標準搭載しています。正式領域への移動を自動化することで、従来の手作業によるミスがなくなります。また正式領域内のデータは、システムが版数管理します。

ワークフロー画面イメージ

履歴管理

正式領域内のデータはシステムが自動で版数管理します。フォルダ分けや、煩雑だった版数管理が不要で、履歴照会や旧版の参照も容易に行えます。

履歴管理イメージ
・更新情報の表示(担当者、コメント、日付等)
・旧版からの流用も可能
  • arrow-prev
  • arrow-next

製品概要(3)

正式化支援

図面ファイル、設計ドキュメントファイルに設定したプロパティを、既存のPDMシステムへ流用可能です。(注1)また、図面内の表題欄情報や3Dモデルから自動的に情報を抽出し、手配用リストや部品表、またはPDM登録用のCSVファイルを自動生成することができます。

(注1)PDMシステムへの一括登録及び他既存システムとの連携等が必要な場合は別途カスタマイズとなります。

ダイレクトデータアクセス

サーバにあるデータを直接参照するため、セキュリティを確保しながら最新データを参照・編集可能です。

ダイレクトデータアクセスのイメージ

ClickOnce機能

クライアントはWEBブラウザ上のリンクをクリックするだけでインストール・アップデートが可能です。クライアント1台1台にインストールする必要はありません。

クリックワンス機能のイメージ

クライアントのWebからサーバへアクセスすると、 サーバからアプリケーションが配布され、クライア ント上でアプリケーションを起動します。

【ライセンスについて】
クライアントでアプリケーションを最小化状態(タスクトレイ常駐状態)としておくことで、ライセンスを解放することができます。

多彩な検索機能、iCAD SX連携、iCAD MX連携

iCAD SXデータはプロパティ等にキーワード等を付加させなくても、2D図面内の文字列(注記、表題欄等)や寸法線と3Dモデルに付加されたアノテーション情報及び寸法表記が全て検索対象キーワードとなります。

  • iCAD MXは2Dの注記、文字列に対応しています

多彩な検索機能のイメージ
(例)iCAD SX全文検索対応

  • arrow-prev