GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD MX 特長・主な機能


3次元モデルからの図面化

簡単操作の正確な図面化で仕上げ作業を効率化します。

3次元モデルから簡単に図面化できる投影図作成機能

feature03_01_s

様々な図面化を実現する豊富なバリエーション

  • 3Dモデルから直感的で簡単な操作で3面図や6面図を即座に作成。
  • アイソメ図や断面図の作成も容易。

feature03_02_s

2次元的な感覚と操作で図面化できる多様な投影機能

  • 2次元図面の切断線を利用した断面図を投影を使い慣れた2次元の感覚と操作で実現。
  • 2次元図面内の要素を選択して、補助投影図を容易に作成。

feature03_03_s

アセンブリモデルから複数部品図を一括作成できる図面化機能

  • アセンブリから、自動的に部品ごとに色/レイヤー/オーバーラップ図面に分けての投影が可能。
  • 部品分け設定を行う事により、部品図へのばらし作業を簡単に実現。

feature03_04_s

設計者志向のきめ細やかな投影設定機能

  • モデルでは表現されていないネジ山や中心線などを、投影時に自動的に付加することが可能。
  • 設計者志向の細やかな設定により、投影後の図面仕上げ作業の軽減を実現。

図面化時の様々な課題を解決

図面仕上げ時の修正作業を軽減する細かな補正機能

  • 各種の投影設定により、3次元モデルを図面化する際の様々な課題を解決。
  • 投影要素を結合したり、スプライン曲線の近似変換を行うなど、きめ細かな図面化のための補正機能を実装。

他3次元CADモデルの図面化を補完

feature03_06_s

他3次元CADからの汎用フォーマットとの連携

  • Parasolid、STEP、IGESトランスレータを標準バンドル。
  • 設計基幹CADとして、社内外のCADデータを取り込んでシームレスに活用。

feature03_07_s

他3次元CADモデルの編集を可能にするダイレクトモデリング機能

  • 作成履歴に依存せずに、面の移動・分割・削除といった直感的な操作性

正確な図面化と優れた2次元機能による他CADとの3次元データ連携

  • 2次元/3次元 Hybrid設計環境の実現により、他CADとの3次元データ連携による設計の効率化が可能。
  • 面図不足等による他3次元CADでの再図面化処理は不要で、複数面図の作成と検討、図面仕上げといった運用を実現。