GTM-MML4VXJ
Skip to main content

iCAD MX 特長・主な機能


2次元/3次元 Hybrid機能

2次元設計の延長で3次元効果を短期間で実現します。

2次元・3次元設計環境を共存させる2次元・3次元一体型システム

設計者を惑わせない一貫した操作性

2次元・3次元共通の一貫したメニュー操作を可能とします。 2次元コマンドと3次元コマンドが共存することで、2次元コマンドの延長で3次元コマンドを操作でき、設計者を惑わせない操作性を実現しています。使い慣れた2次元コマンドと同様の操作で3次元モデルの作成・編集・検証が可能となります。

feature02_01_s

2次元図面と3次元モデルを同時表示・同時編集

  • 2次元設計と3次元設計を同時進行する設計環境を実現。
  • マウスの位置による自動判別で、シームレスな操作が行え、コマンドによる次元切替え操作は不要。
  • 2次元設計と3次元設計を行ったり来たりしながらの2次元/3次元混在設計環境を実現。

2次元図面を活用した容易なモデリング

feature02_02_s

  • 2次元図面資産を有効した3次元化環境を実現。
  • 断面形状となる面図の2次元形状をヒットするだけの簡単な操作で3次元化が可能。
  • 形状定義に煩わしい拘束条件は不要。

feature02_03_s

設計者支援機能により容易なスケッチングを実現

  • 3次元化に必要な形状を連続要素検索機能や閉領域のワンヒット検索機能で素早く抽出。
  • 選択要素の自動トリム機能で追加形状の作画処理を軽減。
  • 別の2次元図面からの形状コピーによる流用設計の効率化を実現。

feature02_04_s

2次元図面から押し出し量や回転角度を指定

  • 既存の2次元図面を活用して、押し出し量や深さ情報、回転角度などの入力が可能。

feature02_05_s

拘束条件を意識しない容易な3次元化

  • フィーチャの追加や編集をする際にも、煩わしい拘束条件の設定は不要。
  • 2次元機能と同様のコマンドによる使い慣れた操作で作図・編集が可能。

2次元・3次元それぞれのメリットを活かせる2次元/3次元 Hybrid検討

feature02_06_s

全てを3次元化せずに必要な部分のみの3次元適用

  • 複雑な干渉検討など、2次元図面のみでは検討が困難な部分を3次元モデルにて検討が可能。
  • 部分的な3次元適用により、2次元、3次元の利点を活かしつつ設計が可能。

feature02_07_s

3次元モデルの編集や配置を2次元感覚で検討

  • 3次元モデルやフィーチャを、既存の2次元図面を活用して移動が可能。
  • 随時投影機能を使用する事で、3次元モデル形状を即座に2次元図面に反映し、形状の差異を簡単に確認。

feature02_08_s

直感的なスケッチを実現する多様なスケッチャー

  • 2次元図面のほか、別ウィンドウ、3次元空間での直接スケッチ、スケッチへの2次元図面取り込み、といった多様な手法で3次元化を実現。

feature02_09_s

2次元図面編集からのモデル形状編集

  • 3次元モデルの形状編集を2次元図面の変更内容を利用して編集する事で、効率的に編集が可能。