GTM-MML4VXJ
Skip to main content

デジタル生産準備

前工程の遅れなどでどうしても納期ギリギリになりがちな、生産準備作業をデジタルデータ活用で変革します。


VPS
実機の代わりに3次元デジタルデータを用い、生産準備部門が設計から製造にいたる衝(かなめ)となり、組立業務を主体としたモノづくり検証と伝達を支援し、モノづくりの品質向上と原価低減に貢献します。
さらに、現場で培われたノウハウを電子データとして蓄積し、次の「モノづくり」に活用することで、ドラスティックな企業競争力の向上が図れます。

GP4
「製品」の検討と評価が中心のDMUとは違い、「製造工程(作業場)」にフォーカスして、製造業における人の活動に焦点を当て、効率的な工程設計と多面的な評価・検証を仮想ライン上で行うことができます。