GTM-MML4VXJ
Skip to main content

FTCP SignalAdviser 特長・主な機能


FTCP SignalAdviser-SI

充実した検証機能

  • 波形チェック&アドバイス
  • IBISモデルチェック、自動修正
  • スイープ解析
  • バラツキ解析
  • 差動信号とシングル信号同時解析
  • ポストレイアウト解析 (※オプション)

高い解析精度

  • 高速・高精度な解析エンジン
  • 伝送線路自動モデリング
  • 基板インピーダンス特性計算
  • GHz信号解析

設計者にやさしい操作性

  • Officeライクな操作性
  • トポロジ・テンプレート
  • レポート出力

波形チェック&アドバイス

解析結果波形に対するチェックに加え、ノイズ対策のためのアドバイス機能を搭載。
解析経験が浅い設計者でも安心してお使い頂けます。
波形チェック&アドバイス

IBISモデルチェック自動修正

利用者が入手したIBISモデルの矛盾点、文法エラーのチェックを行います。
またモデルに問題が見つかった場合には、ノウハウをベースに問題個所の自動修正を行います。
IBISモデルチェック自動修正

スイープ解析

強力なパラメタスイープ解析機能を標準搭載。Cut&Tryの効率化により、検証業務の工数を大幅に削減します。
<スイープ対象パラメタ>
線長、抵抗値、インピーダンス、周波数、ビット幅、線幅、配線間ピッチ、基板の層情報など
スイープ解析

バラツキ解析

素子(Typ/Min/Max)や基板インピーダンス特性などの、各種製造条件を組み合わせて解析可能。
これにより、上流段階から製造バラツキを予測し、品質の作り込みに貢献します。
バラツキ解析

差動信号とシングル信号同時解析

差動信号とシングル信号を同時に解析し、2つの信号の遅延差の確認が可能です。
差動信号とシングル信号同時解析

ポストレイアウト解析連携(※オプション)

SignalAdviser-SI 単体でのご使用はもちろん、ポスト解析機能については、基板CADとのデータ連携が可能です。

  • DSNフォーマット連携による配線トポロジーの取込み
  • 複数ネット一括解析による簡単なポスト解析
ポスト解析連携

  • arrow-next

高速・高精度な解析エンジン

解析エンジンには、自社開発のSPICEシミュレーターHCSを採用。高速・高精度な解析が可能です。
高速・高精度な解析エンジン

伝送線路自動モデリング

解析周波数に合わせて伝送線路のモデリング方法を自動的に最適化し、高速かつ高精度な解析を行います。また、表皮抵抗および誘電損も考慮可能です。
伝送線路自動モデリング

基板インピーダンス特性計算

マイクロストリプライン/ストリップライン/コプレナ構造の伝送線路モデルに対応。
基板設計時のグランドシールド(ガードパターン)が波形に及ぼす影響を考慮した検証も可能です。
基板インピーダンス特性計算

GHz信号解析(※オプション)

ビアの物理形状に基づく詳細なLC等価モデル、Sパラメーターによるモデルを駆使して、GHz帯の高速信号解析にも対応します。

  • マルチピンモデル(Sパラメーターモデル)オプション
    タッチストーン形式のSパラメーター(2ポート/4ポート)等に対応
  • DV/RV素子モデル(SPICEトランジスタモデル)オプション
    SPICEトランジスタモデル等のモデリング支援機能
GHz信号解析

  • arrow-prev
  • arrow-next

Officeライクな操作性

Officeライクなマウス操作性により、直感的な画面操作が可能です。初心者でも簡単に操作することができます。

トポロジ・テンプレート

あらかじめよく使用するトポロジ・テンプレートを用意。利用者はテンプレートを選択するだけで、入力の手間を省けます。また、利用者による独自テンプレートの追加も可能です。
トポロジ・テンプレート

レポート出力

解析条件や結果をExcelに自動的に出力可能。配線指示書作成などの設計付帯業務にかかる手間を大幅に軽減します。
レポート出力

  • arrow-prev