GTM-MML4VXJ
Skip to main content

SMTの段取り作業を総合的に支援
COLMINA Service SMT-Assist

富士通のものづくり現場で日々使われている仕組みを商品化しました。SMT-Assistは、富士通のノートパソコン「出雲モデル」を製造している株式会社島根富士通のプリント基板の表面実装ライン(SMTライン)の段取り作業を支援する仕組みを活用したものです。

SFJ_SMTライン

SMT-Assistは、電子部品・デバイス・電子回路製造業のお客様の、SMTラインの段取り作業を総合的に支援するソリューションです。SMTラインで使用するリール部品のリール1巻ごとにリールIDを付与し、1巻ごとの作業実績を収集することで、リール部品の所在と残数を正確に把握します。この正確な在庫情報により、適切な段取り指示を可能にします。また外部システムとの連携機能も提供します。

全体図

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 現場にあるリール部品の在庫が把握できない
  • SMTが効率良く稼動しているか分からない
  • SMTへの部品装着の作業ミスによる、誤実装が発生している
  • SMTに装着したリール部品の在庫切れにより、設備停止が頻発している

課題解決のアプローチ

SMTラインの運用課題を解決するためには、正確な情報を把握することが最も重要です。これにより、現場の状況を加味した、標準化された作業指示が可能になります。標準化された作業指示に基づく作業を実施することで、モレやミスを防止し、新たな問題が可視化されます。これらをもとに様々な継続したカイゼン活動が可能になります。

課題解決のアプローチ

SMT-Assistによる課題解決

SMT-Assistは、課題解決のアプローチに基づき、リール1巻ごとの所在と残数を正確に把握する事を最重要事項とし、それを実現する機能を提供しています。そして正確な在庫情報をもとに、ピッキング、段取り替え、スプライシング、部品交換、製造委託などの作業に対して、標準化された作業指示を作成します。作業指示に対する全ての作業実績はSMT-Assistに蓄積され、それらを分析することで、継続したカイゼン活動を実施可能になります。

SMT-Assistは、リール在庫の管理から各種作業指示と実績収集を行う機能を提供することで、SMTラインの段取り作業を総合的に支援します。

リールIDによるリール1巻ごとの在庫管理

リール1巻ごとにリールIDを付与し、ピッキング、カセットへの取り付け、SMTへの装着などの各作業でリールIDをHHTで読み取り、リールの所在管理を行います。またSMTに装着したあとの、SMTでのリール部品の使用実績を連携することで、リールの残数管理を行います。これにより、リールが工場に入ってから空になるまでのリール在庫の把握を実現します。

リール1巻ごとの在庫管理を行うことで、リールがいつどこにあり、どの製品の生産に使用したかが把握できるようになるため、リール1巻ごとのトレーサビリティの管理が可能になります。

リール1巻ごとの在庫管理

正確な在庫情報をもとにSMT-Assistが実現すること

作業の標準化により「モレ」と「ミス」を排除、高品質な生産を実現

  • 部品供給における付帯作業も含めた標準化により、俗人化と作業漏れを排除
  • 部品装着作業の標準化により、部品装着ミスを防止

タイムリーな部品供給指示と「ムダ」の排除によりコスト削減を実現

  • 部品供給作業の効率化により、オペレーションコストを削減
  • リール在庫の見える化により、過剰在庫・不回転在庫を削減、棚卸作業も効率化

設備停止時間の短縮により短納期化を実現

  • カセットの故障予知、装着率低下の監視により、設備の異常停止を防止
  • 段取り時間短縮により、設備稼働率を向上
138-BFF-042