GTM-MML4VXJ
Skip to main content

機能一覧

物流KPIシステム(Logifit LM-物流KPI)の機能をご紹介します。

物流KPIシステム(Logifit LM-物流KPI)の機能詳細

課題、問題の可視化と改善要因の気付き

  • 緊急性の高い重要な課題(KPI項目)をアラーム表示
  • ミッションに応じたKPI項目を選択・表示
    • 倉庫担当者には生産性など倉庫関連のKPI項目、運送担当者には積載率など運送関連のKPI項目の表示等利用者別に表示するKPI項目の制御が可能

ダッシュボード画面

img_feature03

図を拡大するOpen a new window

課題、問題の傾向、要因追求

  • 月別の動向、ベンチマーク状況をビジュアルに表示(同じ取引先をもつセンターなど利用者ごとに比較対象の選択が可能)
  • トレードオフの関係にある品質指標、コスト指標を同時に表示することで原因究明、正しい判断を支援
  • 利用者、KPI項目ごとに表示するグラフの選択が可能。取引先など外部環境の特性を考慮した分析が可能

課題、問題の発生要因追求

  • 複数の分析観点で関連するコスト指標、品質指標、数値を同時に表示することで原因究明、正しい判断を支援するとともに、課題、問題のある取引を究明
  • 取引情報をCSV出力することでより詳細な傾向、原因分析が可能

ドリルダウン画面

img_feature05

図を拡大するOpen a new window

物流KPIシステム(Logifit LM-物流KPI)の主な操作の流れ

ログイン画面

img_feature01

arrow2-d

1.利用者ごとの設定

利用者ごとに利用権限と表示したい項目を自由に設定

メインメニュー画面

img_feature02

arrow2-d

2.目標値設定

KPI項目ごとに全社統一で目標値が設定可能

ダッシュボード画面

img_feature03

arrow2-d

3.問題点の気付き

重要な課題(緊急性が高いKPI)を、自動アラーム表示

BI画面

img_feature04

arrow2-d

4.課題、問題の傾向、要因をグラフ表示

同時に4個までグラフ表示が可能

ドリルダウン画面

img_feature05

5.課題、問題の発生要因を追求

更なる原因追求のため、多角的な切り口で情報を表示(CSV形式でのデータダウンロード可能)

本商品に関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ

入力フォーム

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

0120-933-200 富士通コンタクトライン(総合窓口)

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)