GTM-MML4VXJ
Skip to main content

GCP業務支援システム tsClinical DDworks21 ASPサービス

アイコン

tsClinical DDworks21シリーズがASPサービスとして進化しました。当社サーバで管理された、最新の規制要件に則した「tsClinical DDworks21シリーズ」をモバイル環境、CROも含め、「いつでも」、「どこでも」ご利用頂けます。
「tsClinical DDworks21シリーズ」は全て、ASPサービスにてご提供致します。


アイコン

『ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定(注1)』の
認証取得

2009年5月15日 製薬業界向けASPサービスとして初めて、
ASPサービスが
『ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定』を取得しました。

2009年認定 『DDworks21 ASPサービス』
2011年認定 『DDworks21/EDC plus』

0069-0905
0128-1106

ASPサービス利用イメージ
ASPサービス利用イメージ

あの「DDworks21」が手軽にお手元へ!
自社でシステムを構築する場合、ハードウェアの調達や環境設定、ソフトウェアの導入、運用計画の策定など、様々な作業が伴います。
ASPサービスなら、これらの作業が不要、あるいは軽減されるため、手軽で速やかにシステムの導入が可能です。
しかもパッケージライセンス費用は、月額(年額)単位で利用料をお支払頂くシステムになっており、経費としてお扱い頂くことも可能です。
運用コストの削減!
自社でシステムを構築した場合、サーバなどのハードウェアの維持・管理、ソフトウェアにレベルアップ作業など、膨大な社内リソースを割く必要があります。
ASPサービスなら、専属SEがお客様に代わり、システム維持・管理業務を代行、これらの悩みを解消します。
万全のセキュリティ対策で、CROへの展開も安全に!
ここまでにCROに自社システムを利用頂く場合、拠点間のネットワーク回線の開設およびセキュリティ対策など、様々な課題を抱えていました。
ASPサービスなら、当社が用意する万全のセキュリティ対策が施されたサーバ環境をインターネットを経由してご利用いただくことが可能になり、これまでの様々なハードルをクリア、CROへのシステム展開を容易にします。
常に最新の規制要件に対応した、最新のアプリケーションが利用できる!
日々変わりゆく規制要件。これに自社システムで対応するにはプログラム変更、システム変更管理手順に則ったCSV活動など膨大な労力とコストがかかります。
ASPサービスなら、常に当社のサーバで管理された最新の規制要件に則した「tsClinical DDworks21シリーズ」をご利用頂けます。
更に充実した運用サポートサービスが様々な課題を解決!
システムの維持・運用にはサーバ管理にとどまらず、システム変更管理手順に則ったCSV活動、エンドユーザーからのQ&A対応やマスタメンテナンス業務など様々な業務が伴います。
ASPサービスなら、専属SEがお客様に代わりシステム維持・管理業務を代行、その負担から解消されます。

(注1)ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定とは、
ASP・SaaSサービスの利用を考えている企業や地方公共団体などが、事業者やサービスを比較、評価、選択する際に必要となる「安全・信頼性に係る情報開示基準を満たしているサービス」であるか、ASPIC(ASP・SaaSインダストリ・コンソーシアム)が審査し、財団法人マルティメディア振興センターが認定しているものです。


ライフサイエンスソリューションに関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)