GTM-MML4VXJ
Skip to main content

GCP業務支援システム tsClinical DDworks21 主な機能紹介

アイコン

tsClinical DDworks21の基本となるサブシステムメニューをご紹介致します。 詳細な機能紹介や実際の画面等をご覧になられたい場合は、tsClinical DDworks21のデモンストレーションを実施させていただきますので、お問い合わせ先までお問い合せください。


サブシステム一覧
サブシステム名称 概要
プロトコル情報管理 プロトコル立案・体制の管理、プロトコルで使用する資料の管理(版数、改訂内容管理)を実施。また、調整医師等の登録・選定を行う。
治験実施先管理 治験を依頼する医療機関や医師等の登録・選定を行う。
治験届管理 PMDAに提出する治験実施に関わる届出の管理機能である。計画届・変更届・終了届・中止届・開発中止届の作成、提出状況管理を行う。
治験手続情報管理 医療機関との契約やIRB等に関する治験手続きの管理、および各種チェック機能を有する。
治験薬管理 治験薬の入出庫、交付、回収、廃棄、移動等を含む在庫管理機能である。治験薬伝票の作成も可能。
治験経緯管理 治験中の各イベント(検討会・全体説明会など)の予実および医師の出欠管理をおこない、欠席者へのフォローをモニタに促す。
モニタ支援 モニタリング報告書の作成、管理機能である。同時に症例の進捗状況を把握するための管理資料を出力する。また、入手された情報を共有できる仕組みを有する。
CRF管理 CRF上の試験期間・投与期間・医師・治験薬使用量と他サブシステム(届・手続・治験薬)とのデータチェックを行い、各CRFのチェック状況を管理可能。
モニタ教育管理 モニタの教育計画の登録・受講予定者検索・案内状出力・受講履歴の管理を行う。
統合情報管理 プロトコル毎の治験計画立案から終了届までの一連の進捗を管理するために使用される、各種帳票の出力・プレビュー・EUC出力(Excel連携)を行う。
マスタ管理 セキュリティのためのユーザ管理、医師・医療機関マスタおよび各種マスタの管理、履歴管理を行う。
タスクリスト 入力された情報をもとに、システムがロジカルチェックを実施し、エラーや警告情報を利用者へ通知する。
セキュリティ 利用者の権限による詳細なセキュリティの設定が可能。 ( ログイン権限、更新権限、参照権限をプロトコル単位、役割単位に設定 )

ライフサイエンスソリューションに関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)