GTM-MML4VXJ
Skip to main content

GCP業務支援システム tsClinical DDworks21 導入効果

アイコン

治験品質の向上、業務効率向上の一助として多くの製薬企業様でご利用頂いている、GCP業務支援システムtsClinical DDworks21。
tsClinical DDworks21の導入によって得られる効果をご紹介します。


本来の治験品質の向上
本来インプロセスにて実現可能なQC作業の積み残しをなくし、最終点検作業の効率化を図り、SDVや解析等、本来の治験品質に関わる作業にパワーシフトが可能となります。
本来の治験品質の向上

各種報告書作成を支援
進捗に関わる各種報告書資料や管理帳票が予めレイアウト化された状態で印刷されるため、資料作成に関わる時間の短縮が図れます。 また、データをExcel・Wordに連続出力できるため、各種報告書(総括報告書の添付資料等)の作成にもご利用いただけます。
貴社SOPの最適化を支援し、SOPとシステムの融合
適用コンサルティングにより貴社SOPの最適化を側面から支援致します。 最適化された貴社SOPに従ったカスタマイズにより、SOPとシステムが融合した、円滑なシステム運用を実現します。
将来にわたりシステムの維持が可能
規制変更による影響範囲などを調査し、対応方針についてご連絡致します。 製品をご利用の全てのお客様が同じシステム(アプリケーション)を利用するため、安心してシステムをご利用いただけます。
モバイル利用による時間の有効活用
Webシステムであるため、インターネットを使用して空き時間を利用したタイムリーな報告書の作成が可能となります。
CRO利用による業務の効率化
高度なセキュリティ機能により、CRO担当者に担当外プロトコルのデータの参照や更新ができないように設定可能なため、CROの担当者に直接システムをご利用いただけます。また、承認行為が必要な選定記録、モニタリング報告書については、個別の承認ルートを設定することができます。

ライフサイエンスソリューションに関するお問い合わせ

当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)