関節可動域自動測定システム
HOPE ROMREC
(ホープ ロムレック)

FUJITSU ヘルスケアソリューション HOPE ROMREC
 

リハビリテーション科および整形外科での現場における業務を支援するソリューションです。


関節可動域測定を自動測定機能と音声入力機能により、省力化・時短化・正確性向上を手軽に実現します。

  • 身体障害者申請書の測定では所要時間が37分→20分に短縮!(約50%の削減)
  • ノータッチでの音声入力で衛生的!
  • 測定値の暗記が不要となり、患者様とのコミュニケーションも増加!

などの効果が期待できます。

今後は、継続的に機能強化し、関節可動域の測定部位を増やす、他の測定・評価への対象範囲を拡充していく計画です。

  • 遠隔でのリハビリテーションを実現する仕組みとして、患者が自宅で撮影したリハビリテーションの動画をかかりつけの病院やクリニックへ送付するだけで関節可動域を自動測定する機能などを搭載
  • MMTやFIMなどのリハビリテーション現場での他の測定や評価への対応

SDGs 目標3の「全ての人に健康と福祉を」の実現への少しでも近づけられるように製品強化を行っていきたいと思います。
 

概要図

HOPE ROMREC ご紹介

特長

  • 自動測定・音声入力による便利機能
  • 電子カルテシステム等へのデータ連携
  • 簡単導入(PC端末とiPADのみ、低価格)

機能一覧

  • 測定結果入力機能
  • 自動測定機能
  • 音声入力機能
  • 測定履歴グラフ表示機能
  • 測定データ連携機能

製品体系

  • HOPE ROMREC V1 メディアパック
  • HOPE ROMREC V1 画像認識(肩・肘)(1クライアント付) *1 *2
  • HOPE ROMREC V1 音声入力(1クライアント付) *1 *2
  • HOPE ROMREC V1 1クライアント追加   *2

    *1  組み合わせで選択することができます。
    *2  各製品にプログラムサポート(月額)があります。
     

動作環境

サーバ 本体 CPU intel core i7 9700K 以上
メモリ 16GB以上
NVIDIA製GPU/GPUメモリ 6GB以上
SSD 256GB以上
無線LAN IEEE802.11n以降
OS Ubuntu 18.04(LTS)

※メディアパックには、OS Ubuntu 18.04およびNVIDA cuDNNは含まれませんのでインターネットでダウンロードが必要となります。


クライアント 本体 iPad、iPad Air、iPad Pro (画面サイズ9.7インチ以上の機種)
OS iPadOS 13.0以降

※動作アプリケーションは、App Storeからダウンロードが必要となります。


トライアル版(無料)お申込み

HOPE ROMRECのスピーディーな音声入力機能をご体感ください。


  • HOPE ROMRECのトライアル版を無料でお使いいただけます。
  • トライアル期間に制限はありません。
  • 高精度の音声入力機能、使いやすい入力画面を今すぐお試しください。

※iPad(iOS:13.0以上、画面サイズ:9.7インチ以上)をサポートしております。
※HOPE ROMRECトライアル版には自動測定機能はありません。自動測定機能にご興味をお持ちの方は、下記の「お問い合わせ」よりご連絡ください。



 

*本製品は医療機器ではありません


ヘルスケアソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ・資料ご請求など

  • お問い合わせ

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-835-554
    (通話無料)

    富士通Japan お客様総合センター
    受付時間:9時~12時、13時~17時30分(土曜日・日曜日・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ