特長・メリット

診療情報を開示・共有・統合し、双方向の医療ネットワークを実現

連携先の医療機関に、医師の記載、処方、検査結果、画像、レポート、サマリなど地域で共有したい診療情報を提供することが可能です。これにより連携する医療機関とタイムリーにつながることで、安全安心な医療を実現します。




共有可能な情報種別

医療機関内の診療情報を視認性の高い最適なビューアで参照することができます。



紹介状連携/オンライン予約(診察・検査)

紹介状や返書をシステム上で効率的に作成・送付することが可能です。また中核病院の診察予約や検査予約を取得できるため、患者サービスの向上につながります。



コミュニケーションツール(患者メモ・SNS)

システム連携していない医療機関や介護施設、訪問看護ステーション、保険薬局などで、コミュニケーションツール*1を用いて双方向の情報共有が可能です。*2



地域連携パス

普段使用しているパスをネットワーク上で共有・管理し、統計分析によりパスの改善が可能です。疾患ごとの診療特性に対応し、地域でスムーズな医療連携を実現します。



地域連携室支援機能(院内機能)

紹介患者情報の一元管理が可能です。これにより、診療情報提供書や返書の患者ステータスに合わせた作成状況の把握が可能となり、院内事務作業の効率化を実現します。



医療相談(オプション)

退院支援業務および医療相談業務のシステム化により、地域医療連携室の業務効率化が図れます。また、HumanBridge上で操作するため、スムーズな後方連携を実現します。



リモートカルテ(院外からのカルテ参照)

医師が自宅や外出先などから、自院の患者の診療情報を参照することができます。安全な環境でアクセスできるため、医師のテレワークにも活用いただけます。




ヘルスケアソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ・資料ご請求など

  • お問い合わせ

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ