職場ストレスチェックシステム
組織ストレスアセスメントe診断@心の健康
サービス概要・特長



サービス概要

厚生労働省指針の「職業性ストレス簡易調査票」(注1)と「仕事のストレス判定図」(注1)をベースにしたメンタルチェックサービスです。
受診者のセルフケア推進や職場の健康リスク状態の可視化により、企業のストレス対策の運用を支援します。
さらに「職業性ストレス簡易調査票」と「組織活性調査票(ACTIVE)」(注2)と組み合わせることで、組織の総合健康度の把握や、組織活性化を推進することができます。

(注1)厚生労働省「平成11年度作業関連疾患の予防に関する研究」の成果物です。
(注2)東京大学大学院医学系研究科と株式会社富士通ソフトウェアテクノロジーズの産学協同研究において開発された成果物です。




特長

ストレスチェックのデータを一元管理

受診者のデータはすべてシステムに蓄積・一元管理されるため、受診者や職場の過去の結果と比較した経年変化の確認ができます。

多様な運用方法に対応

ストレスチェックの方法は、以下のどちらかの方法または組み合わせによる利用も可能です。

  • インターネットからストレスチェックを実施する方法
  • 紙での調査票でストレスチェックを実施し、回答データをサービスに取り込む方法

ストレスチェックからデータ収集と分析までを短期間に効率的に実施

ストレスチェックの集計・分析は瞬時に行われるため、個人および職場環境のストレスデータの集計・分析作業にかかる時間を大幅に短縮できます。
産業保健スタッフや事業者/管理監督者の方は、いつでもインターネットから結果の参照が可能です。
産業保健スタッフは、タイムリーに受診直後から個人へのケアや職場環境などの改善指導・提案ができるようになります。




 

ヘルスケアソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ・資料ご請求など

  • お問い合わせ

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ