GTM-MML4VXJ
Skip to main content

無床診療所様向け電子カルテシステム
HOPE EGMAIN-CX
特長・メリット

本製品は販売を終了しております。

豊富な機能で診療の効率化を実現

  • 診療内容ごとのテンプレートや伝票などの豊富な入力補助ツールにより、電子カルテへの入力が簡単に行えます。
  • 利用者ごとに自由に設定できるメニューボタンとツールバーで使いやすい操作環境を設定できます。
  • ドラッグ&ドロップを中心とした直感的なマウス操作で入力できます。
 シンプルで使いやすい画面
 豊富な入力補助ツールを搭載
 効率的な診療をサポートする参照機能 
 カルテナビゲーターですばやくアクセス
 手書きカルテのよさを継承する多彩な表現力
 スケッチや画像をカルテ上に取り込むことが可能

シンプルで使いやすい画面

  • 誰にでも違和感なく、簡単に操作できるよう、シンプルな画面デザインを徹底追求。
  • 利用者ごとに、よく使う業務の登録や、メニューボタンの配置・有無などの設定が可能。
  • ドラッグ&ドロップを中心としたマウス操作で、面倒な入力作業の手間と時間を軽減。
  • ボタンの位置や役割を覚えていなくても、右クリック1つで、入力エリア内で実行可能な機能を一覧表示。

豊富な入力補助ツールを搭載

  • 伝票、テンプレートなど、直感的なシンプル操作で入力できる『統合入力ツール』を使って、カルテ入力をスピードアップ。
  • 入力補助ツールの内容は利用者のニーズに合わせて、簡単な操作で変更可能。
  • 予定されている診療行為を予定オーダーとして登録しておけば、カルテを開くタイミングで自動入力。

効率的な診療をサポートする参照機能

  • 患者情報や過去の診療情報、処方や検査のオーダー情報を画面の左側に集約。
  • タブを切り替えるだけで、様々な情報を参照しながらカルテを作成。記載時のスクロール操作も不要。
  • 診療内容の入力時に、その時点での点数を確認したり、レセプトチェック結果をタブから表示することが可能。

カルテナビゲーターですばやくアクセス

  • 特徴的な症状や特筆すべき診療行為などに、紙に付箋を貼るイメージでマーキング。
  • 所見として入力した文字列の一部を、カルテ情報として日付に続けて表示。
  • いつでも見たいカルテ情報に瞬時にアクセス。

手書きカルテのよさを継承する多彩な表現力

  • 症状経過欄に入力した文字列の色やサイズ、フォントを編集でき、ポイントとなる症状などを強調。

  • キーボードやマウスに不慣れでも液晶ペンタブレットの使用が可能。フリーハンドでのスケッチにも便利。

スケッチや画像をカルテ上に取り込むことが可能

  • 診察所見の中に記載するスケッチや、スキャナやデジカメで取り込んだイメージファイルを簡単に入力することができます。コメントや線画の書き込みはもちろん、あらかじめ登録しておいたコメントを選択形式で入力することも可能です。

その他の特長・機能を見る

特長・メリット|機能一覧価格動作環境/システム構成

ヘルスケアソリューションに関するお問い合わせ

icon-telephone 電話でのお問い合わせ(総合窓口)

0120-933-200 富士通コンタクトライン

受付時間 9時~17時30分 (土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

icon-form Webでのお問い合わせはこちら