AIチャットボット×RPAの
各種手続き自動化サービス
ScrumOneスクラムワン

金融業界では、DXやFinTechに代表されるデジタル化が急速に進んでおり、各金融機関はお客様満足度向上や新規顧客獲得のため、スマートフォンへの対応をはじめ、チャットやSNSといったデジタルチャネルにより、お客様接点強化を図っています。新サービスやデジタルチャネル対応は素早い立ち上げが求められ、既存システムを活かした効率的で短期間での構築が要求されます。

現在、金融機関での手続きは、Web対応が進んでいますが、Webフォーマット画面はパソコン用に作成されているものが多く、スマートフォンから入力するには使い勝手が悪く、気軽に活用できないといった課題があります。

新サービス「Finplex ScrumOne」は、当社のAIチャットボット「CHORDSHIP」と当社独自のRPA技術を連携したサービスで、既存のWebフォーマットを活かしてチャットサービスを開始できます。

ScrumOne導入のメリット

Simple
銀行・保険業界のお客様の手続きの煩雑さを解消
Quick
各種手続き時間の短縮による顧客満足度の向上
Cost
金融機関の諸届業務における業務負荷の大幅な削減

ScrumOneの特長

  • AIチャットボットが問い合わせに対応しながら手続きを実施
    • AIチャットボットがお客様の問い合わせに対応しながら必要な入力項目を抽出し、手続きを実施します。お客様はチャットボットに聞かれたことに一つずつ回答していくだけでスムーズに手続きが完了できるため、利便性および満足度が向上します。
    • AIチャットボット「CHORDSHIP」は、適切な会話を導くトークスクリプト(注1)機能とあらかじめ金融機関が用意したFAQデータを機械学習した辞書とのハイブリッド型AIのため、少ないFAQデータでも会話の意図を的確にとらえた正確な回答を導きます。
    • 住所変更や病気・事故時の手続きといったお客様が知りたいことをチャットで入力すると関連する問いを一覧で表示し、そこから手続きページに導くことができます。さらに、解決しない問いには有人チャットや電話オペレーターにつなげるハイブリッド型のシステムを構築することも可能です。

    (注1)トークスクリプト:適切な回答を導く会話のシナリオ。

  • 既存システムを改修せずチャットサービスによる手続きを実現
    • 金融機関がインターネットバンキングなどで運用している既存のWebフォーマットを活かして、チャットサービスを短期間で効率的なシステム構築が可能です。
    • AIチャットボット「CHORDSHIP」の豊富なUIおよび業務プロセス制御機能と当社独自のRPA技術を連携することによって、チャットボット上の会話から既存のWebフォーマットに自動入力し、金融機関が持つ業務システムとつなげることができます。業務プロセス制御機能はGUIにてチャットフローや業務システムとの連携について設定可能で、すぐに画面上で動作確認ができます。また、業務システムと連携できるため、既存のWebフォーマット入力と同様のエラーチェックが可能です。
    • RPA連携インターフェースにより、お客様がすでに導入しているRPAを活用してシステム構築することも可能です。
  • 店舗設置のタッチパネルやパソコンと個人スマートフォン間の連携が可能
    • 金融機関の営業店舗などでは、手続き内容を案内するタッチパネルシステムの導入が進んでいます。これらのタッチパネルと個人のスマートフォンを連携できます(特許取得済み)。他人に見られたくない個人情報などはスマートフォンで続きを入力することができます。
    • 同様にパソコンでやり取りしたチャット内容を個人スマートフォンと連携できます。スマートフォンで続きをやり取りしたり、内容を確認したりすることができます。

    ※アバターや背景のデザインは変更可能です。

関連情報

CHORDSHIP

「CHORDSHIP」は、チャットで寄せられる問い合わせに対して、当社のAI技術「Human Centric AI Zinrai」が問い合わせ内容を認識し、蓄積されたナレッジから的確に回答するチャットボットサービスです。

Finplex AIチャットボット×RPAの各種手続き自動化サービス ScrumOne

ページの先頭へ