富士通のデジタルバンキング

デジタル革新を加速する新金融システム

~富士通のデジタルバンキング~

デジタル化が加速し、生活者、企業、社会のニーズが多様化・高度化し、異業種の参入が激化する昨今、金融業務のデジタル革新への期待がかつてなく高まっています。
富士通は、長年国内外の様々な業界のお客様に寄り添い得た豊富な業種ノウハウと高品質で最先端のICTを活用し、デジタルバンキングの取り組みを加速。
組織や企業、業界の枠を超えて、お客様と社会のビジネスイノベーションに貢献します。

富士通のデジタルバンキング 4つのドメイン

富士通のデジタルバンキングは、「サービス統合基盤」「デジタルチャネルサービス」「Banking as a Service」「Data Bank」の4つのドメインでソリューションをご提供します。

サービス統合基盤:FrontSHIP(フロントシップ)

FUJITSU 金融ソリューション Finplex サービス統合基盤「FrontSHIP」はデジタル技術を活用し、非対面チャネルからイノベーティブなサービスと最高のユーザエクスペリエンスを提供して顧客接点強化と利用者の生活に融け込む新たなバンキングサービスの実現を支えるサービス統合基盤です。

デジタルチャネルサービス:Digital Branch™(デジタルブランチ)

「Digital Branch™」は、API活用で既存の資産を活かし発展させながら、働き方やサービスを変革し、デジタライゼーションを実現するデジタルチャネルサービスです。
場所を選ばないコンサルティングサービスの提供や、ロボットやAIが誘導してくれる自動化店舗などへの移行が考えられる銀行店舗において、富士通は、その過程におけるあらゆる金融機能を提供するフルバンキング型とデジタルファーストのセルフスタイル型をご提案します。

(注)Digital Branchは富士通株式会社の商標です。

Banking as a Service:FBaaS™

「FBaaS™」は、基幹システムを含め、あらゆるバンキングサービスをクラウドで提供するデジタルプラットフォームです。
機能をマイクロサービス化することで外部サービスとの柔軟な連携や拡張、複数の業種間での新しいビジネス創造を促すとともに、顧客の嗜好に応じた金融商品をスピーディーに提供することが可能となります。

(注)FBaaSは富士通株式会社の商標です。

Data Bank : FUJITSU Data Bank

「FUJITSU Data Bank」は、それぞれの企業に散在しているパーソナルデータを、企業・業界の垣根を超えて流通させるプラットフォームです。AI技術などと組み合わせて活用することで、お客様のライフステージに応じて必要となる金融サービスをタイムリーに提供します。

富士通のデジタルバンキング ご紹介動画

  • 2014年秋ごろから国内での金融機関様は、Fintechへの情報収集や取り組みが続いており、欧米では金融業務のサービスとして提供する「デジタルバンキング」が注目されています。
    その潮流を捉え、市場を切り開くために、富士通が考える「デジタルバンキング」を動画でご紹介しています。

金融ソリューションに関するお問い合わせ

Webでのお問い合わせ・資料ご請求など

  • お問い合わせ

    当社はセキュリティ保護の観点からSSL技術を使用しております。

お電話でのお問い合わせ

  • 0120-933-200
    (通話無料)

    富士通コンタクトライン(総合窓口)
    受付時間 9時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)

ページの先頭へ