GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ポートフォリオ

「Unified-One e-Portfolio」は学生の情報を集約し、個々の学生を様々な情報で横断的に閲覧することが可能な富士通が提供するポートフォリオシステムです。

  製品コンセプト  |   特長  |   主な機能 | 製品体系 | 機能一覧  

製品コンセプト

リアル コミュニケーション プラットフォーム
Real Communication Platform

表面上のデータだけではない個人としての学生とFace to Faceによるコミュニケーションが、真に相手をモチベートするために重要である考えをベースに製品が作られています。

リアルコミュニケーションの核である「会う」の前後をサポートします

教職員は、指導すべき学生を効率よく的確に素早く把握することができます。
学生は大学に自分自身を知ってもらうことができます。

Real Communication Image

大学内に存在するあらゆるデータを集約、情報統合可能

  • CSVデータ受取WebAPIを装備しているため、あらゆるデータを受領することができます。
  • 集約したデータは、学生個々に確認することができます。
  • 集約したデータを用いて、アドバイザが学修支援に役立てることができます。

Data Integration Image

特長

1.学生の成果の可視化

照会系機能

  • 教務システムなどからデータを取り込んで学生起点で横断的に学生の成果を可視化

プロフィール機能

  • 情報の変化を素早く捉えることが可能となり、タイムリーに学生をサポート

2.学生の学修状況を分析

ポートフォリオ機能

  • 学生が設問形式で今の学修状況をインプット
  • 回答内容から学生の学修状況・能力を分析し、グラフィカルに表示
  • ポートフォリオとして印刷し、面談に活用

3.教職員間で学生のサポート状況

ノート機能

  • 学生への指導状況や面談記録を登録
  • 同じ学生を指導している教職員間での情報共有が可能

4.学生へのフォローアップ

メッセージ機能

  • 学生⇔教職員間でのメッセージのやり取りに対応
  • 面談伺いや面談後のフォローアップやリアルコミュニケーションの呼び水に

主な機能

Aware Image

Understand1 Image

Understand2 Image

Understand3 Image

Follow Image

Message Image

製品体系

パッケージ製品

パッケージ Unified-One e-Portfolio V1 基本(500ユーザライセンス付)
Unified-One e-Portfolio V1 追加 500ユーザライセンス
Unified-One e-Portfolio V1 追加 1000ユーザライセンス
Unified-One e-Portfolio V1 追加 3000ユーザライセンス
Unified-One e-Portfolio V1 追加 5000ユーザライセンス
Unified-One e-Portfolio V1 追加 10000ユーザライセンス
Unified-One e-Portfolio V1 追加無制限ユーザライセンス

プログラムサポート

プログラムサポート Unified-One e-Portfolio V1 プログラムサポート(月額/年額)

サービス

サービス Unified-One e-Portfolio V1 スタートアップサービス

機能一覧

コンテンツ 概要・特徴
コミュニケーション 学生と教職員の連絡手段を提供します。(メッセージ機能)
 ・学生は自身のアドバイザへの連絡手段がわかります。
 ・教職員は自身が担当する学生への連絡手段がわります。
 ・お互いがオンライン上で質問・アドバイスすることが可能です。
 ・未読、既読管理、添付ファイル登録、メール配信も可能です。
コンディション・タグ 学生の情報からステータスや特定を把握できるように、「コンディション」、「タグ」を提供します。
・出席情報、GPAに特化させた「コンディション」や特性を抽出する「タグ」を表示することができます。(個別の条件も可能)
・端から端までデータを調べることなく情報の変化を素早く捉える事ができ、タイムリーに学生をサポートできます。
ノート ・学生との面談記録や教職員間での学生情報共有に利用できます。
・入力のし易さを考慮し、記入方法の多様化やテンプレート化に対応しています。
学生情報 ・学内の情報を集約するコンテンツを装備しています。
・固有情報も連携可能な形としてテーブルテンプレート化を提供します。
・学生情報画面で、教職員が「お気に入り学生」を登録することが可能です。
学生検索 学生検索→情報把握までが短手番で実現できる検索機能です。
・お気に入り学生・タグ機能によりサポート対象の学生の絞り込みにより、参照したい・するべき学生を簡単に検索できます。
・権限制御を設け、対象学生範囲と閲覧情報範囲を制御できます。
管理者機能 ユーザ設定や各種マスタメンテナンス機能を提供します。
各種オフラインバッチ コンディションの更新やタグの自動付与、ノートの登録通知ができます。
WebAPI CSVデータをWebAPIで登録し、他システムとの連携が可能です。
プロフィール 学生の大学での目標や課外活動での貢献など学生自らが成長を大学へ発信する機能です。
授業や授業以外での成果物を溜め込むことができます。
アセスメント 大学生活や年間を振り返りを自らで評価することができる機能です。
ポートフォリオ 自己評価の結果からレーダーチャートや円グラフ、棒グラフといったグラフィカルで見やすい表現に変換することができます。
また、分析結果を帳票として出力できるため、面談の補助資料として活用することができます。

【商標について】
記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。