トレンドテクノロジー解説

5G、ブロックチェーン、MaaSなど注目のテクノロジーやサービスを、話題のキーワードから解説します。
また、それらがもたらす大きな変化について、製造、自動車、金融、流通、公共など産業ごとの具体例でご紹介します。

5G

次世代モバイル通信「5G」のサービスが、いよいよ始まります。日本ではNTTドコモが2019年9月にラグビーワールドカップの会場でプレサービスを実施し、2020年春には商用サービス開始を予定しています。auとソフトバンクも、2019年中にエリア限定でプレサービスを開始し、2020年から本格展開していくといいます。

[具体例] 製造、金融、流通・ロジスティックス、地域公共交通

ブロックチェーン

仮想通貨の基盤技術として生まれた技術である“ブロックチェーン”を、様々な取引や契約に活用しようとする動きが活発化しています。銀行、不動産会社、商社、各種代理店、著作権や特許の管理団体、工場、医療機関、そして政府・・・。社会の動きを支える機関や企業での活用が見込まれています。

[具体例] 製造、金融、流通・ロジスティックス、地域公共交通

キャッシュレス社会

「消費税増税対策として、キャッシュレス決済利用者に5ポイント還元」――。
「ネットワーク障害でスマホ決済アプリが使用不能」――。
「スマホ決済アプリPayPayが100億円還元キャンペーン」――。
「PayPayに不正利用、セキュリティの甘さからクレジットカード情報流出?」――。

[具体例] 金融、流通・ロジスティックス、地域公共交通

MaaS(Mobility as a Service)

2018年12月、米ウェイモが米国アリゾナ州フェニックスで新しい交通サービスが始まりました。名称は「Waymo One」。スマホアプリでクルマを呼び出し、目的地まで運んでもらうオンデマンド配車サービスです。その特徴は、やってくるクルマがドライバーレスで動作する完全自動運転車であること。

[具体例] 自動車、金融、流通・ロジスティックス、地域公共交通

本ページに関するお問い合わせ

ページの先頭へ